ハイクノミカタ篠崎央子

  1. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】

    へうたんも髭の男もわれのもの岩永佐保(『丹青』)瓢箪といえば、織田信長が尾張のうつけ者と言われていた頃、腰に提げていたアイテムという印象がある。ネットで「うつけスタイル」で検索するとイメージイラスト…

  2. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】

    2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、各曜日を7名…

  3. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】

    嫁がねば長き青春青蜜柑大橋敦子(『手鞠』)昭和の頃、オール…

  4. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

  5. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】

    紅さして尾花の下の思ひ草深谷雄大(『吉曜』)〈思ひ草〉とは…

  6. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】

  7. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】

  8. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】

  9. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】

  10. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】

  11. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】

  12. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP