連載・よみもの

  1. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)

    〈 歴史のなかのわたし〉あるいは〈わたしのなかの歴史〉を撮るということ この一冊は「歌集」であるが、写真集でもある。あるいは、そのどちらでもない。ほとんどすべてのページに配されたモノクロの写真と短歌は、まる…

おすすめ記事

  1. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  3. 【#46】大学の猫と留学生
  4. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)

Pickup記事

  1. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  2. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  3. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  4. 【夏の季語】紫陽花
  5. 【冬の季語】冬滝
PAGE TOP