「鶴」

  1. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】

    昼酒に喉焼く天皇誕生日石川桂郎今日は令和になって二度目の天皇誕生日。この名称になったのは戦後のことだから、昭和の4月29日、平成の12月23日についで三代目ということになる。歳時記の例句は当…

おすすめ記事

  1. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  2. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  3. 【夏の季語】桐の花
  4. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  2. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  3. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  4. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  5. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
PAGE TOP