1. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】

    コスモスのゆれかはしゐて相うたず鈴鹿野風呂(すずか・のぶろ))十月ですよみなさん、もう、今年は三か月しかないそうですよ、やれやれ。やれやれといえば、これを書いている24時間以内には、ノーベル…

  2. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

    手に負へぬ萩の乱れとなりしかな安住敦(『午前午後』) 萩は…

  3. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

    もう逢わぬ距(へだた)りは花野にも似て澁谷道(『縷紅集』)…

  4. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】

    向いてゐる方へは飛べぬばつたかな)抜井諒一 なりたい自分の…

  5. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

    秋草のはかなかるべき名を知らず)相生垣瓜人 BSで放送中の…

  6. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】

  7. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

  8. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】

  9. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】

  10. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】

  11. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】

  12. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP