1. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】

    蟷螂の怒りまろびて掃かれけり田中王城(たなか・おうじょうまさとし))何が始まって何が終わって、今、自分が何と何の間にいるのか、目まぐるしく移り変わるこのごろ、近づいてくる次の段階に向かう準備に気を取…

  2. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】

    置替へて大朝顔の濃紫川島奇北(かわしま・きほく))なんとか…

  3. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】

    愉快な彼巡査となつて帰省せり千原草之(ちはらそうし))喉元…

  4. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】

    やはらかきところは濡れてかたつむり()齋藤朝比古でんでん …

  5. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】

    炎天を山梨にいま来てをりて千原草之(ちはらそうし))暑い、…

  6. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】

  7. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】

  8. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】

  9. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  2. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  3. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  4. 【春の季語】蛇穴を出る
  5. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨

Pickup記事

  1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  2. 【新年の季語】初詣
  3. 【冬の季語】セーター
  4. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
PAGE TOP