1. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】

    紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす後藤夜半))「あう」という言葉はどの漢字を当てるかで少しづづニュアンスが異なる。「会う」は最も一般的な用法で、“同窓会”や“面会”のように、目的を持ってある場所で人と…

  2. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】

    船室の梅雨の鏡にうつし見る日原方舟(ひはら・ほうしゅう)梅…

  3. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】

    洗顔のあとに夜明やほととぎす森賀まり(『しみづあたたかをふくむ』)…

  4. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】

    冷やっこ試行錯誤のなかにあり安西水丸))久しぶりに図書館へ…

  5. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】

    さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり千原草之(ちはら・そうし)…

  6. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

  7. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳

  8. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】

  9. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

  10. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

  11. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】

  12. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP