1. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

    春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ河野多希女(『琴恋』) 春の雪というと真っ先に思い出すのが、三島由紀夫の『春の雪』である。華族の松枝清顕にとって、綾倉聡子は、幼馴染みで年上の優雅な令嬢。自尊心の強い清顕…

  2. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

    ばばばかと書かれし壁の干菜かな高濱虚子(『五百句』)虚子に…

  3. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】

    琅玕や一月沼の横たはり)石田波郷) 年の初めは古いことばか…

  4. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】

    あひみての後を逆さのかいつぶり柿本多映(『蝶日』) 小倉百…

  5. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

    あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の千種創一…

  6. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】

  7. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

  8. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

  9. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】

  10. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】

  11. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】

  12. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP