1. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】

    金閣をにらむ裸の翁かな大木あまり連日30℃超えと暑さが厳しい。このコーナーであづあづ言っているのは阪西敦子さんと私だけのような気がするのだが、もしかして水瓶座は夏負けしやすいのか、いや暑さを出汁にし…

  2. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】

    暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる佐藤鬼房梅雨明けこのかた連日の…

  3. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】

    炎天を山梨にいま来てをりて千原草之(ちはらそうし))暑い、…

  4. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】

    梅漬けてあかき妻の手夜は愛す能村登四郎『咀嚼音』所収の有名…

  5. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】

    水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る()今井肖子〈風鈴〉は、蒸し暑…

  6. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】

  7. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

  8. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】

  9. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

  10. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】

  11. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】

  12. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP