残像

  1. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】

    あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢異論があるかもしれないが、私はこの句からたくさんの花よりも、まずはせいぜい、ひとつかふたつほどの花を思い浮かべる。つまり、ここでの「あぢさゐ」は、ひとまずは小…

おすすめ記事

  1. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  2. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  3. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  4. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)

Pickup記事

  1. 【冬の季語】煤逃
  2. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  3. 【春の季語】春雷
  4. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  5. 【冬の季語】水仙
PAGE TOP