季語・歳時記

  1. 【夏の季語】干梅

    【夏の季語=晩夏(7月)】干梅「梅雨」の前後に実った「青梅」または完熟梅を収穫して干したもの。「梅干」が食用として(完成して)供されるものというイメージが強いのに対し、「干梅」というと、まさに干され…

  2. 【夏の季語】葛切

    【夏の季語=三夏(5ー7月)】葛切葛粉を水で溶かし、型に入れてから…

  3. 【夏の季語】七月

    【夏の季語=晩夏(7月)】七月新暦の七月は、梅雨が明けていよいよ気…

  4. 【夏の季語】昼寝

    【夏の季語=三夏(5月〜7月)】昼寝夏は疲労も溜まりやすく、また暑…

  5. 【夏の季語】蓮の花

    【夏の季語=晩夏(7月)】蓮の花「蓮」の花のこと。「花蓮」とも。…

  6. 【夏の季語】梅干(梅干し)

  7. 【夏の季語】茅の輪

  8. 【夏の季語】髪洗う

  9. 【夏の季語】雲の峰

  10. 【夏の季語】朝顔市

  11. 【夏の季語】花蓮

  12. 【夏の季語】蛍

おすすめ記事

  1. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  3. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  4. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  5. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  2. 【冬の季語】寒
  3. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  4. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  5. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
PAGE TOP