季語・歳時記

【夏の季語】サングラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【解説】驚くべきことに、角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ!」という指令を出して、肌が日焼けしてしまうのだとか。つまり目のケアは、お肌のケア。日本人はサングラス似合わないから、とか言ってないで、夏はしっかりとサングラスをかけましょう。

【サングラス】
サングラスかけてなんでもかでも見る   後藤比奈夫
サングラス掛けても怖いもの怖し     後藤比奈夫
サングラス掛けて妻にも行くところ    後藤比奈夫
サングラス外し三鬼の碑にむかふ     鷲谷七菜子
ジーンズや中也ぎらひのサングラス    星野麥丘人
サングラスかけて目つむりゐたりけり   今井杏太郎
見られゐることを見てゐるサングラス   稲畑汀子
サングラス見知らぬ町のごとく行く    本田洋子
背中より風化始まるサングラス      櫂未知子
ひきだしに海を映さぬサングラス     神野紗希

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【都道府県別の俳句】
  2. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  3. 【夏の季語】ソーダ水
  4. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  5. 【秋の季語】芋虫
  6. 【秋の季語】松茸
  7. 【春の季語】彼岸/お彼岸 入彼岸 彼岸過
  8. 【夏の季語】紫陽花/四葩 七変化

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP