季語・歳時記

【夏の季語】サングラス

強い太陽光線などを防ぐための、色ガラスのはまっためがね。


【サングラス(上五)】
サングラスかけてなんでもかでも見る  後藤比奈夫
サングラス掛けても怖いもの怖し 後藤比奈夫
サングラス掛けて妻にも行くところ  後藤比奈夫
サングラス外し三鬼の碑にむかふ  鷲谷七菜子
サングラスかけて目つむりゐたりけり  今井杏太郎
サングラス見知らぬ町のごとく行く  本田洋子
サングラスして天国のやうな街 村田篠
サングラス取り糠床へひざまづく 西山ゆりこ

【サングラス(中七)】
謎めく瓶詰食ひサングラス売る女 関 悦史

【サングラス(下五)】
ジーンズや中也ぎらひのサングラス  星野麥丘人
見られゐることを見てゐるサングラス  稲畑汀子
海に向かひて女優風サングラス 小林苑を
背中より風化始まるサングラス  櫂未知子
ひきだしに海を映さぬサングラス  神野紗希
傷つけてみたきみづうみサングラス 小山玄黙(玄紀)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 【春の季語】椿
  4. 【冬の季語】花八手
  5. 【新年の季語】嫁が君
  6. 【夏の季語】草ロール
  7. 【春の季語】日永
  8. 【冬の季語】鴨

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
  2. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  3. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  5. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  7. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  8. 【冬の季語】梟
  9. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  10. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【2月20日締切】

Pickup記事

  1. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  2. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  3. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  4. 【春の季語】鶯笛
  5. 【冬の季語】凍る
  6. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  10. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
PAGE TOP