ハイクノミカタ

  1. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

    梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ篠田悌二郎(『連作俳句集』昭和9年)新興俳句運動の一つの特徴が連作の流行で、「馬酔木」諸俳人の連作の成果を一冊にまとめたのがこの『連作俳句集』。昭和3年から9年までの…

  2. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】

    いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す)神野紗希)ジャムに加…

  3. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

    新綠を描くみどりをまぜてゐる)加倉井秋を)秋をは相当な秀才…

  4. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】

    扇子低く使ひぬ夫に女秘書藤田直子(『極楽鳥花』) 立夏を過…

  5. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦

    黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも高野公彦…

  6. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

  7. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

  8. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】

  9. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】

  10. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

  11. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】

  12. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP