ハイクノミカタ

  1. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

    手に負へぬ萩の乱れとなりしかな安住敦(『午前午後』) 萩は、河原に生える面倒な草木であった。魚釣りの際には、萩の無数の枝をなぎ倒して釣場へと向かう。ところが、秋になるとたわわな紅を滴らせる。母を喜ば…

  2. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

    つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ 先に時が満ちてて岡井隆…

  3. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】

    颱風の去つて玄界灘の月)中村吉右衛門 大村雅朗という編曲家…

  4. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】

    淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな山本梅史(やまもと・ばいし))…

  5. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)…

  6. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

  7. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】

  8. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

  9. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

  10. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】

  11. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】

  12. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP