ハイクノミカタ

  1. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】

    頭を垂れて汗の男ら堂に満つ高山れおな今週から、関東地方は梅雨入りの予報であったが、梅雨前線が太平洋の南に停滞したままなので来週以降になりそうである。フェーン現象により既に猛暑日が続いており、心の準備…

  2. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】

    街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり原子公平「花の女王」と呼…

  3. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】

    夕飯よけふは昼寝をせぬままに木村定生「秋草」10周年を記念…

  4. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】

    花いばら髪ふれあひてめざめあふ小池文子(『木靴』)幼い頃は…

  5. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

    すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる阿部完市(『にもつは絵馬』昭和49年)…

  6. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】

  7. 鳥不意に人語を発す更衣 有馬朗人【季語=更衣(夏)】

  8. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】

  9. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】

  10. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】

  11. 性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實【季語=鮎(夏)】

  12. 身支度は誰より早く旅涼し 阪西敦子【季語=涼し(夏)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  3. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  4. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫

Pickup記事

  1. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  3. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  4. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  5. 【春の季語】夜桜
PAGE TOP