羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】

羅や人悲します恋をして鈴木真砂女(『生簀籠』) 羅(うすもの)は、絽、紗、透綾、上布などの薄絹で作った、透けるような単衣の着物のこと。涼しげな装いであるとともに、儚げな印象がある。夏の句会で、とある…

くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】

【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇

もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】

俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽

思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】

【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)

ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)

【俳誌ロングインタビュー】ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)セクト・ポクリットでは、今月から新企画「ハイシノミカタ」をスタートします。さまざまな俳句雑誌(結社誌・同人誌・総合誌)の編集のうらがわ…

ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】

【書評】小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)

ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)

【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん

羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】

羅や人悲します恋をして鈴木真砂女(『生簀籠』) 羅(うすもの)は、絽、紗、透綾、上布などの薄絹で作った、透けるような単衣の着物のこと。涼しげな装いであるとともに、儚げな印象がある。夏の句会で、とある…

くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(…

もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)…

思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端…

とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)…

セポクリ歳時記(工事中)

特別インタビュー

【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前…

不定期放送ですが、いろいろなゲストをお招きして、俳句トークをお届けしています。【第8回】のゲストは、俳句研究者の青木亮人さん。研究のみならず、俳句雑誌などでもよくお名前をお見かけする…

投稿募集

ハイクノミカタ(最新)

セクト・ポクリットの連載

ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」

ラジオ・ポクリット

PAGE TOP