連載・よみもの俳句の本たち【ガチの書評】

  1. 【俳書探訪】井上泰至『俳句のマナー、俳句のスタイル』(本阿弥書店)

    『俳句のマナー、俳句のスタイル』書評諸星千綾「給料は当日で支給されます。アルバイトに興味のある方は、お問い合わせください」こんなメールが届いていた。誘…

  2. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)

    人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)――…

  3. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)

    手強き17.5音詩の世界――相子智恵『呼応』(左右社、2021年)――…

  4. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)

    いつもとなりに――津川絵理子『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)――…

  5. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)

    樹木で学ぶ日本の輪郭――広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、202…

  6. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)

  7. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)

  8. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)

  9. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)

  10. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)

  11. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)

  12. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)

おすすめ記事

  1. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  2. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  3. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  4. 【冬の季語】十一月
  5. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】

Pickup記事

  1. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  2. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  3. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  4. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
  5. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
PAGE TOP