夏の季語

【夏の季語】初夏(はつなつ)

【夏の季語=初夏(5月)】初夏(はつなつ)

【ミニ解説】

夏のはじまりのころ。

まだそこまで暑くなく、からりとした気持ちいい日がつづく。

音数に「初夏(しょか)」と読むことも。

「夏はじめ」とも。


【初夏(上五)】
初夏のわれに飽かなき人あはれ 永田耕衣
はつなつの空に一張り魚を干す 鍵和田秞子
初夏の街角に立つ鹿のごと 小檜山繁子
はつ夏の空からお嫁さんのピアノ 池田澄子
はつなつのコーリン鉛筆折れやすし 林 朋子
はつなつや父が革砥をつかふ音 大島雄作
初夏やきらめくわたしのフライ返し 関根誠子
初夏を吸い込む鏡回転木馬 小野裕三
はつなつや肺は小さな森であり なつはづき
はつなつの櫂と思ひし腕かな  田中亜美
初夏の木々それぞれの名の眩し 村上鞆彦
はつなつの子も前髪を切り揃ふ 堀切克洋
初夏の川を見送る暮らしかな 江渡華子
初夏のタクシーは朝拭かれをる 佐藤文香

【初夏(中七)】
塩竈の初夏まずは蛸の足 高野ムツオ
お早うと言ふはつなつのひびきなり 奥坂まや


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【馬の俳句】
  2. 【秋の季語】渡り鳥
  3. 【冬の季語】一月
  4. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  5. 【冬の季語】短日
  6. 【秋の季語】吾亦紅
  7. 【秋の季語】新蕎麦
  8. 【冬の季語】雪兎

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  3. 【冬の季語】寒
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  6. 【春の季語】涅槃図
  7. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  8. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  9. 【春の季語】惜春
  10. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】

Pickup記事

  1. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  2. 【冬の季語】冬の月
  3. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  4. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  6. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  7. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  8. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  9. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  10. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
PAGE TOP