夏の季語

【夏の季語】初夏(はつなつ)

【夏の季語=初夏(5月)】初夏(はつなつ)

【ミニ解説】

夏のはじまりのころ。

まだそこまで暑くなく、からりとした気持ちいい日がつづく。

音数に「初夏(しょか)」と読むことも。

「夏はじめ」とも。


【初夏(上五)】
初夏のわれに飽かなき人あはれ 永田耕衣
はつなつの空に一張り魚を干す 鍵和田秞子
初夏の街角に立つ鹿のごと 小檜山繁子
はつ夏の空からお嫁さんのピアノ 池田澄子
はつなつのコーリン鉛筆折れやすし 林 朋子
はつなつや父が革砥をつかふ音 大島雄作
初夏やきらめくわたしのフライ返し 関根誠子
初夏を吸い込む鏡回転木馬 小野裕三
はつなつや肺は小さな森であり なつはづき
はつなつの櫂と思ひし腕かな  田中亜美
初夏の木々それぞれの名の眩し 村上鞆彦
はつなつの子も前髪を切り揃ふ 堀切克洋
初夏の川を見送る暮らしかな 江渡華子
初夏のタクシーは朝拭かれをる 佐藤文香

【初夏(中七)】
塩竈の初夏まずは蛸の足 高野ムツオ
お早うと言ふはつなつのひびきなり 奥坂まや


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】鴨
  2. 【夏の季語】万緑
  3. 【夏の季語】サングラス
  4. 【新年の季語】繭玉
  5. 【新年の季語】元旦
  6. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  7. 【冬の季語】蒲団(布団)
  8. 【夏の季語】日傘

おすすめ記事

  1. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  4. 【秋の季語】末枯
  5. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  6. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  7. 【春の季語】初東風
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇
  9. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  10. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  3. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  4. 【冬の季語】十一月
  5. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  6. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  7. 【春の季語】春の雨
  8. 【冬の季語】冬滝
  9. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  10. 【新年の季語】読初
PAGE TOP