季語・歳時記

【春の季語】卒業

【春の季語=仲春(3月)】卒業

学校の全課程を学び終えて、学校を出ること。

何らかの事情で卒業できない場合は「落第」(留年)、または退学となる。

卒業生」は「卒業式」に出て「卒業歌」を歌い「卒業証書」を受け取る。

卒業す」と動詞化して用いることもある。


【卒業(上五)】
卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂
卒業の空にうつれるピアノかな 井上弘美
卒業の涙を笑ひ合ひにけり 加藤かな文
卒業のはなむけ海の鳴りにけり 櫛部天思
卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃
卒業生見送り千の椅子たたむ 井出野浩貴
卒業期サンドイッチのきゅうりの味  藤田哲史

【卒業(中七)】

【卒業(下五)】
運命は笑ひ待ちをり卒業す 高濱虚子
句点なき証書一枚卒業す 今瀬一博
壇上の五歩踏みしめて卒業す 寺澤佐和子
一つづつ椅子を残して卒業す 金澤諒和


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の雨
  2. 【夏の季語】泉
  3. 【春の季語】木の根明く
  4. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  5. 【夏の季語】酢漿の花
  6. 【夏の季語】水中花/酒中花
  7. 【冬の季語】十一月
  8. 【春の季語】雛人形

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  2. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  3. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
  5. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  6. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  7. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  8. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  9. 【春の季語】蟻穴を出づ
  10. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  2. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  3. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  4. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  6. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  7. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  8. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  9. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  10. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
PAGE TOP