季語・歳時記

【春の季語】卒業

【春の季語=仲春(3月)】卒業

学校の全課程を学び終えて、学校を出ること。

何らかの事情で卒業できない場合は「落第」(留年)、または退学となる。

「卒業生」は「卒業式」に出て「卒業歌」を歌い「卒業証書」を受け取る。

「卒業す」と動詞化して用いることもある。


【卒業(上五)】
卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂
卒業の涙を笑ひ合ひにけり 加藤かな文
卒業のはなむけ海の鳴りにけり 櫛部天思
卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃
卒業生見送り千の椅子たたむ 井出野浩貴
卒業期サンドイッチのきゅうりの味  藤田哲史

【卒業(中七)】

【卒業(下五)】
運命は笑ひ待ちをり卒業す 高濱虚子
句点なき証書一枚卒業す 今瀬一博
壇上の五歩踏みしめて卒業す 寺澤佐和子
一つづつ椅子を残して卒業す 金澤諒和


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】海の家
  2. 【春の季語】春の泥
  3. 【冬の季語】咳く
  4. 【冬の季語】クリスマスツリー
  5. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  6. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  7. 【秋の季語】虫籠/むしご
  8. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 …

おすすめ記事

  1. 【書評】山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  2. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  3. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  4. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  6. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  7. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)】
  8. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  9. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  10. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  2. 【冬の季語】雪兎
  3. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】
  4. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  5. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  6. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
  7. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  8. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  9. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  10. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
PAGE TOP