冬の季語

【冬の季語】凍蝶

【冬の季語=晩冬(1月)】凍蝶

寒さで凍えたようにじっとしている「冬の蝶」。

凍つ」「凍てる」も季語なので、「蝶凍つ」「蝶凍てる」と動詞形で用いられることもある。


【凍蝶(上五)】
凍蝶の己が魂追うて飛ぶ 高濱虚子
凍蝶に指ふるるまでちかづきぬ 橋本多佳子
凍蝶のおしろいの顔夢に入り 宇佐美魚目
凍蝶になほ大いなる凍降りぬ 藤田湘子
凍蝶の天与の朱(あけ)を失はず 飯島晴子
凍蝶や声ありとせば呪詛の声 鷹羽狩行
凍蝶に最も短かき紐使ふ 攝津幸彦
凍蝶の花にならむと石の上 遠藤若狭男
凍蝶といふさながらに妻逝けり 伊藤伊那男
凍蝶の棲む石かぎりなく硬し 片山一行
凍蝶や何も映さぬ男の目 三代寿美代
凍蝶に傘さしかけてゐたるかな 岸本尚毅
凍蝶か凍蝶の死か吹かれあり 坊城俊樹
凍蝶をはがしあふ日のふるへる眼 小津夜景
凍蝶のなにも映さぬ目の黒さ 新家月子
凍蝶の骨あるやうにとどまれる 寺澤佐和子
凍蝶といふ肝胆の凍てごこち 岡田一実
凍蝶のよみがへるまで日を溜めよ 堀切克洋

【凍蝶(中七)】
道ふさぎゐる凍蝶のむくろかな 友岡子郷
さうしなければ凍蝶になりさうで 黛まどか
過去の音立てて凍蝶粉々に 小田島渚
ひと揺れの後凍蝶となりにけり 立村霜衣
手品師よ凍蝶を蘇らせて 神野紗希

【凍蝶(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】猫の恋
  2. 【春の季語】三椏の花
  3. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  4. 【秋の季語】星月夜
  5. 【秋の季語】秋の空
  6. 【春の季語】野遊
  7. 【秋の季語】秋の蝶
  8. 【春の季語】木の根明く

おすすめ記事

  1. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  2. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  3. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  5. 【冬の季語】豆撒
  6. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  7. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  8. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  9. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  2. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  3. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  4. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  6. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  7. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  9. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  10. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
PAGE TOP