冬の季語

【冬の季語】一月

【冬の季語=晩冬(1月)】一月

現在の1月は、陰暦の「睦月」。グレゴリオ暦で年の第1の月に当たり、31日間ある。

冒頭には新年を迎える「正月」があり、落ち着くころには「寒の入り」があり、寒さもだんだんと深まっていくころ。地方によっては、かなり厳しい寒さを迎える場所も多い。


【一月(上五)】
一月となりけり雪も降りにけり 正岡子規
一月や去年の日記なほ机辺 高濱虚子
一月のうす日さしくる障子かな 久保田万太郎
一月の音にはたらく青箒 能村登四郎
一月の低地少年の髪をおもひ 飯島晴子
一月の全景として鷗二羽 塩野谷仁
一月の畦まつすぐに行くほかなし 吉田未灰
一月のさよりの銀を一包み 辻桃子
一月の光る河口に来る鷗 内村恭子
一月や一月といふ心にて 櫛部天思
一月を転ばぬやうに生きめやも 堀切克洋

【一月(中七)】
琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷
湯屋の湯にまだ一月とおもいけり 宇多喜代子
村じゅうにある一月の浪の音 岡田耕治
風熄んで一月の空ありにけり 日下野由季

【一月(下五)】
法皇のぴかぴかの濤の一月 飯島晴子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】緑蔭
  2. 【夏の季語】夏の蝶
  3. 【新年の季語】七日
  4. 【秋の季語】吾亦紅
  5. 【冬の季語】年惜む
  6. 【秋の季語】秋暑し
  7. 【冬の季語】寒さ
  8. 【春の季語】沈丁花

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬立つ
  2. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  3. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  4. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
  5. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  6. 【春の季語】雲雀
  7. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  8. 【冬の季語】雪掻
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  10. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋山
  2. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  3. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  4. 【春の季語】花
  5. 【新年の季語】七日
  6. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  7. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  8. 【冬の季語】寒
  9. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  10. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
PAGE TOP