冬の季語

【冬の季語】一月

【冬の季語=晩冬(1月)】一月

現在の1月は、陰暦の「睦月」。グレゴリオ暦で年の第1の月に当たり、31日間ある。

冒頭には新年を迎える「正月」があり、落ち着くころには「寒の入り」があり、寒さもだんだんと深まっていくころ。地方によっては、かなり厳しい寒さを迎える場所も多い。


【一月(上五)】
一月となりけり雪も降りにけり 正岡子規
一月や去年の日記なほ机辺 高濱虚子
一月のうす日さしくる障子かな 久保田万太郎
一月の音にはたらく青箒 能村登四郎
一月の低地少年の髪をおもひ 飯島晴子
一月の全景として鷗二羽 塩野谷仁
一月の畦まつすぐに行くほかなし 吉田未灰
一月のさよりの銀を一包み 辻桃子
一月の光る河口に来る鷗 内村恭子
一月や一月といふ心にて 櫛部天思
一月を転ばぬやうに生きめやも 堀切克洋

【一月(中七)】
琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷
湯屋の湯にまだ一月とおもいけり 宇多喜代子
村じゅうにある一月の浪の音 岡田耕治
風熄んで一月の空ありにけり 日下野由季

【一月(下五)】
法皇のぴかぴかの濤の一月 飯島晴子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】室の花
  2. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  3. 【冬の季語】室咲
  4. 【秋の季語】秋分
  5. 【夏の季語】涼し
  6. 【春の季語】紙風船
  7. 【春の季語】木の根明く
  8. 【冬の季語】冬に入る

おすすめ記事

  1. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  3. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  4. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  5. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  6. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  7. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  8. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
  10. 【春の季語】蛇穴を出る

Pickup記事

  1. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  4. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
  5. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  6. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  8. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  9. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  10. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
PAGE TOP