冬の季語

【冬の季語】夕霧忌

【冬の季語=晩冬(1月)】夕霧忌

大坂・新町の扇屋の遊女・夕霧太夫(ゆうぎりたゆう)の1678年(延宝6年)の忌日。

旧暦の1月6日である。

名妓として知られ、大坂中がその死を悼んだという。死後、夕霧と愛人・藤屋伊左衛門を主人公とする浄瑠璃・歌舞伎などの作品が多く作られ、それらは「夕霧伊左衛門」または「夕霧」と総称された。近松門左衛門の浄瑠璃『夕霧阿波鳴渡』を始めとして、浄瑠璃の『廓文章』、歌舞伎の『夕霧名残の正月』『夕霧七年忌』などがある。

若くして病没した彼女は嵯峨野生まれと伝えられ、京都の清凉寺の北側に墓地が作られた。毎年11月第2日曜日に清涼寺では「夕霧供養祭」が催され、本堂での法要、島原太夫による奉納舞、太夫道中や墓参が行われる。


【夕霧忌(上五)】
夕霧忌昔はもののやさしかり 後藤比奈夫

【夕霧忌(中七)】

【夕霧忌(下五)】
炭の香のはげしかりけり夕霧忌 日野草城
道頓堀に赤き芥や夕霧忌 宇咲冬男
雪しみの木橋をひとつ夕霧忌 鷲谷七菜子
汲み上げてこぼす水音夕霧忌 須佐弥寿呼
ままならぬ恋もありけり夕霧忌 角川春樹
忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子
札(さつ)で面(つら)張る奴等の街の夕霧忌 竹岡一郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枯芝
  2. 【秋の季語】秋気
  3. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  4. 【冬の季語】日向ぼこ
  5. 【冬の季語】寒の内
  6. 【春の季語】春月
  7. 【秋の季語】後の月
  8. 【夏の季語】梅雨入

おすすめ記事

  1. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  2. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  3. 【冬の季語】クリスマス
  4. 【新年の季語】春の七種(七草)
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  7. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  8. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】
  9. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  10. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)

Pickup記事

  1. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  3. 生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】
  4. 【書評】山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  5. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  6. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  7. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  8. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  9. 【夏の季語】たかんな
  10. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
PAGE TOP