冬の季語

【冬の季語】夕霧忌

【冬の季語=晩冬(1月)】夕霧忌

大坂・新町の扇屋の遊女・夕霧太夫(ゆうぎりたゆう)の1678年(延宝6年)の忌日。

旧暦の1月6日である。

名妓として知られ、大坂中がその死を悼んだという。死後、夕霧と愛人・藤屋伊左衛門を主人公とする浄瑠璃・歌舞伎などの作品が多く作られ、それらは「夕霧伊左衛門」または「夕霧」と総称された。近松門左衛門の浄瑠璃『夕霧阿波鳴渡』を始めとして、浄瑠璃の『廓文章』、歌舞伎の『夕霧名残の正月』『夕霧七年忌』などがある。

若くして病没した彼女は嵯峨野生まれと伝えられ、京都の清凉寺の北側に墓地が作られた。毎年11月第2日曜日に清涼寺では「夕霧供養祭」が催され、本堂での法要、島原太夫による奉納舞、太夫道中や墓参が行われる。


【夕霧忌(上五)】
夕霧忌昔はもののやさしかり 後藤比奈夫

【夕霧忌(中七)】

【夕霧忌(下五)】
炭の香のはげしかりけり夕霧忌 日野草城
道頓堀に赤き芥や夕霧忌 宇咲冬男
雪しみの木橋をひとつ夕霧忌 鷲谷七菜子
汲み上げてこぼす水音夕霧忌 須佐弥寿呼
ままならぬ恋もありけり夕霧忌 角川春樹
忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子
札(さつ)で面(つら)張る奴等の街の夕霧忌 竹岡一郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬籠
  2. 【春の季語】魚氷に上る
  3. 【春の季語】春の灯
  4. 【夏の季語】玉虫
  5. 【夏の季語】滝
  6. 【冬の季語】狐
  7. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  8. 【夏の季語】昼寝

おすすめ記事

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  2. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  3. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  6. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  7. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  8. 【秋の季語】コスモス
  9. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  10. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】香水
  2. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  3. 【春の季語】蝶生る
  4. 【新年の季語】三が日
  5. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  6. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  8. 【春の季語】流氷
  9. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  10. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
PAGE TOP