冬の季語

【冬の季語】暮早し

【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】暮早し

【ミニ解説】

短日」「日短」の別バージョン。


【暮早し(上五)】
暮早し神田・銀座に用つなぎ 荒井正隆
暮早しキリコの少女ゐる街も 仙田洋子

【暮早し(下五)】
廚の灯おのづから点き暮早し 富安風生
かけもちの三つの句会暮早し 稲畑汀子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】鵙の贄
  2. 【新年の季語】初旅
  3. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  4. 【新年の季語】歌留多会
  5. 【春の季語】春二番
  6. 【夏の季語】蜘蛛
  7. 【秋の季語】林檎
  8. 【冬の季語】水仙

おすすめ記事

  1. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  2. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  3. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  5. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  6. 【秋の季語】蛇穴に入る
  7. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  8. 【秋の季語】松茸
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  10. 【春の季語】葱坊主

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  2. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  3. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  4. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  5. 【冬の季語】冬の薔薇
  6. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  7. 【冬の季語】一月
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  9. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  10. 【夏の季語】水中花/酒中花
PAGE TOP