冬の季語

【冬の季語】火事

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】火事

火によって建築物などが消失すること。多くはタバコの不始末、焚き火などの火の使用、そして放火などの人為的な理由で起こる。季語としては、乾燥していて火事の発生率が高くなりという点で、冬に分類されている。

歴史的仮名遣いだと「くわじ」。


【火事(上五)】
赤き火事哄笑せしが今日黒し 西東三鬼
遠火事に目が覚め死後を思ひをり 菖蒲あや
火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
火事が遠くてなけなしの葉を降らす 大塚凱

【火事(中七)】
映画出て火事のポスター見て立てり 高濱虚子
遠けれど御所より火事の焔見ゆ 波多野爽波
胸にまだ火事の火の燃え詩集買ふ 皆吉司
少年美し雪夜の火事に昂りて 中村苑子
今思へば皆遠火事のごとくなり 能村登四郎
師と少年宇宙の火事を仰ぎつつ 安井浩司
ガラス戸の遠き夜火事に触れにけり 村上鞆彦

【火事(下五)】
暗黒や関東平野に火事一つ 金子兜太
巻き尺を巻きもどしゐる昼の火事 柿本多映
内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔
地底ですか地底ですねと火事の客 佐山哲郎
キャバ嬢と見てゐるライバル店の火事 北大路翼
いくたびも焼けたる寺の又も火事 髙柳克弘

【その他の季語と】
一月の火事いきいきと風下へ 三橋敏雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】天高し
  2. 【新年の季語】正月
  3. 【夏の季語】田植
  4. 【夏の季語】夏木立
  5. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  6. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  7. 【春の季語】蛇穴を出づ
  8. 【冬の季語】雪降る

おすすめ記事

  1. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  2. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  3. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
  4. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  5. 【新年の季語】三が日
  6. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  7. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  8. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也
  9. 【新年の季語】松飾
  10. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  2. 【冬の季語】夕霧忌
  3. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  4. 【春の季語】春の塵
  5. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  6. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  7. 【秋の季語】鵙の贄
  8. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  9. 【冬の季語】ラグビー
  10. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
PAGE TOP