季語・歳時記

【春の季語】遠足

【春の季語=晩春(4月)】遠足

主に学校において校外へ出かけること。おやつは300円まで。


【遠足(上五)
遠足の女教師の手に触れたがる 山口誓子
遠足の疲れの指を二本咥へ 中村草田男
遠足の列大丸の中とおる 田川飛旅子
遠足をしてゐて遠足したくなる 平井照敏
遠足の子に白波があるばかり 細川加賀
遠足の列大仏へ大仏へ 藤田湘子
遠足バスいつまでも子の出できたる 小澤實
遠足の頭たたいて頭数 加藤静夫
遠足や晴れて荒涼たる山河 竹岡一郎
遠足の集まつてすぐ出すバナナ 阪西敦子
遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩
遠足のペンギン音もなく水へ 黒岩徳将

【遠足(中七)】
走り出して遠足の列伸びつぱなし 能村登四郎
ペンギンのやうな遠足ペンギン見る 仲寒蟬
縄文の穴から遠足の足音 西澤みず季
すれちがふ雨の遠足かなしめる 髙柳克弘

【遠足(下五)】
にぎやかにしやがみホームの遠足子 菊田一平


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】人の日
  2. 【冬の季語】寒の内
  3. 【冬の季語】冬
  4. 【冬の季語】年惜む
  5. 【秋の季語】蛇穴に入る
  6. 【冬の季語】大寒
  7. 【夏の季語】蜘蛛
  8. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒の内
  2. 【秋の季語】秋灯下
  3. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  4. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  5. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  6. 【秋の季語】白式部
  7. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  9. 【春の季語】朧
  10. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬眠
  2. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 
  3. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  4. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  5. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  6. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  7. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  8. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  9. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  10. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】
PAGE TOP