季語・歳時記

【春の季語】遠足

【春の季語=晩春(4月)】遠足

主に学校において校外へ出かけること。おやつは300円まで。


【遠足(上五)
遠足の女教師の手に触れたがる 山口誓子
遠足の疲れの指を二本咥へ 中村草田男
遠足の列大丸の中とおる 田川飛旅子
遠足をしてゐて遠足したくなる 平井照敏
遠足の子に白波があるばかり 細川加賀
遠足の列大仏へ大仏へ 藤田湘子
遠足バスいつまでも子の出できたる 小澤實
遠足の頭たたいて頭数 加藤静夫
遠足や晴れて荒涼たる山河 竹岡一郎
遠足の集まつてすぐ出すバナナ 阪西敦子
遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩
遠足のペンギン音もなく水へ 黒岩徳将

【遠足(中七)】
走り出して遠足の列伸びつぱなし 能村登四郎
ペンギンのやうな遠足ペンギン見る 仲寒蟬
縄文の穴から遠足の足音 西澤みず季
すれちがふ雨の遠足かなしめる 髙柳克弘

【遠足(下五)】
にぎやかにしやがみホームの遠足子 菊田一平


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】椿寿忌
  2. 【春の季語】朧月
  3. 【夏の季語】薔薇
  4. 【冬の季語】日向ぼこ
  5. 【秋の季語】末枯る
  6. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  7. 【冬の季語】枇杷の花
  8. 【夏の季語】コレラ/コレラ船

おすすめ記事

  1. 数と俳句(三)/小滝肇
  2. 【秋の季語】台風(颱風)
  3. 【#44】写真の不思議
  4. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  5. 【春の季語】冴返る
  6. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  7. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  8. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  9. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ
  10. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】蒲団(布団)
  2. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  3. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  5. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  6. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  7. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  8. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  9. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  10. 【春の季語】二月尽
PAGE TOP