冬の季語

【冬の季語】大年

【冬の季語=仲冬(12月)】大年

【ミニ解説】

1年の最後の日、すなわち「大晦日」「大晦」のこと。

とくに「年越」や「去年今年」と同じく、「除夜」から「元旦」への一年の境をいう。

正月十四日夜の小年(こどし)にたいする言葉。「大年越」とも。


【大年(上五)】
大年や我死所の鐘もなる 一茶
大年の宙つたひ来る海の音 中川宋淵
大年の富士見てくらす隠居かな 池西言水
大年やおのづからなる梁響 芝不器男
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太
大年の大夕焼や観世音 京極杞陽
大年の常にもがもな弥陀如来 川端茅舎
大年の夕日当れる東山 五十嵐播水
大年の廃品出るわ出るわ出るわ 石塚友二
大年の地獄にひびく火打石 沢木欣一
大年の法然院に笹子ゐる 森 澄雄
大年の東京駅にまぎれをり 今井千鶴子
大年の月光つたふ竹箒 嶋田麻紀
大年を護摩たくひとの黒子から 中田剛
大年や海原は空開けて待つ 奥坂まや
大年のうち捨ててある花さまざま 岸本尚毅
大年の夕日見にくる奴らなり 夏井いつき
大年の土間のバイクと日のすぢと 大石香代子

【大年(中七)】
ふさはしき大年といふ言葉あり 高浜虚子
仲見世に来て大年の月を得し 阿部みどり女
大阪の大年いかにわれら健 石塚友二
病む父の大年の髭剃りにけり 熊田鹿石
夜遊びに来し大年の亡き子かな 石 寒太
何を焚きても大年の火となれり 辻田克巳
恋とならざりき大年の髪洗ふ きくちつねこ
オリオンへ向く大年の滑走路 奧坂まや

【大年(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】田植
  2. 【冬の季語】嚏(嚔)
  3. 【冬の季語】霜柱
  4. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  5. 【新年の季語】松七日
  6. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  7. 【秋の季語】鴨来る
  8. 【秋の季語】九月

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】小六月
  2. 【夏の季語】草ロール
  3. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
  6. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  7. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  9. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  10. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想

Pickup記事

  1. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  3. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  4. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  5. 【夏の季語】海の日
  6. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  7. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】
  8. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  9. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  10. 【冬の季語】寒さ
PAGE TOP