冬の季語

【冬の季語】臘梅(蠟梅)

【冬の季語=晩冬(1月)】臘梅(蠟梅)

中国原産で、日本へ渡来したのは17世紀初めの江戸時代ごろ。

早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて、黄色く香り高い、半透明の花がやや下を向いて咲く。

和名の「ロウバイ」の語源は、漢名の「蝋梅」の音読みとされ、由来について一説には、陰暦の12月にあたる「朧月」に梅の香りの花を咲かせるためだと言われている。『本草綱目』によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで「蝋細工」のようであり、かつ臘月に咲くことにちなむとある。それゆえに「臘梅」と書かれることも「蠟梅」と書かれることもある。


【臘梅(上五)】
臘梅の差しゐる雪の上の影 阿波野青畝
臘梅や雪うち透かす枝のたけ 芥川龍之介
臘梅や薄雪庭を刷きのこす 水原秋櫻子
臘梅はもつと淋しい花の筈 飯島晴子
臘梅を透けし日差の行方なし 後藤比奈夫
臘梅や人待つならば死ぬるまで 藺草慶子
臘梅や人の話の聞こえきて 山西雅子
臘梅や水に入る巌うつくしき 長谷川櫂
臘梅につめたき鳥の貌があり 岸本尚毅
臘梅ややはらかき手を鍵盤に 仙田洋子
臘梅や水を掃きたる竹箒 折勝家鴨
臘梅が顔の高さにあれば寄る 今泉礼奈

【臘梅(中七)】
ほとけ恋ひゐて臘梅の一二りん 鷲谷七菜子
一草庵臘梅の香が日だまりに 池内けい吾
歩み来て臘梅はたと眉の上 岸本尚毅
ひとりとてもたのしさう臘梅ことり 小川楓子

【臘梅(下五)】
日曜のひかりは濡れて蠟梅に 高勢祥子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】風邪
  2. 【冬の季語】短日
  3. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  4. 【新年の季語】松飾る
  5. 【春の季語】春めく
  6. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  7. 【冬の季語】冬うらら
  8. 【新年の季語】左義長

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏木立
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  3. 【冬の季語】冬至
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  5. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  6. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  7. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  8. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  9. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  10. 【#15】秋に聴きたくなる曲

Pickup記事

  1. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  2. 【新年の季語】田遊
  3. 【春の季語】蛇穴を出づ
  4. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  5. 【冬の季語】寒夕焼
  6. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  7. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  8. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  9. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
PAGE TOP