冬の季語

【冬の季語】臘梅(蠟梅)

【冬の季語=晩冬(1月)】臘梅(蠟梅)

中国原産で、日本へ渡来したのは17世紀初めの江戸時代ごろ。

早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて、黄色く香り高い、半透明の花がやや下を向いて咲く。

和名の「ロウバイ」の語源は、漢名の「蝋梅」の音読みとされ、由来について一説には、陰暦の12月にあたる「朧月」に梅の香りの花を咲かせるためだと言われている。『本草綱目』によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで「蝋細工」のようであり、かつ臘月に咲くことにちなむとある。それゆえに「臘梅」と書かれることも「蠟梅」と書かれることもある。


【臘梅(上五)】
臘梅の差しゐる雪の上の影 阿波野青畝
臘梅や雪うち透かす枝のたけ 芥川龍之介
臘梅や薄雪庭を刷きのこす 水原秋櫻子
臘梅はもつと淋しい花の筈 飯島晴子
臘梅を透けし日差の行方なし 後藤比奈夫
臘梅や人待つならば死ぬるまで 藺草慶子
臘梅や人の話の聞こえきて 山西雅子
臘梅や水に入る巌うつくしき 長谷川櫂
臘梅につめたき鳥の貌があり 岸本尚毅
臘梅ややはらかき手を鍵盤に 仙田洋子
臘梅や水を掃きたる竹箒 折勝家鴨
臘梅が顔の高さにあれば寄る 今泉礼奈

【臘梅(中七)】
ほとけ恋ひゐて臘梅の一二りん 鷲谷七菜子
一草庵臘梅の香が日だまりに 池内けい吾
歩み来て臘梅はたと眉の上 岸本尚毅
ひとりとてもたのしさう臘梅ことり 小川楓子

【臘梅(下五)】
日曜のひかりは濡れて蠟梅に 高勢祥子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  2. 【秋の季語】芋虫
  3. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  4. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  5. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  6. 【春の季語】浅蜊
  7. 【冬の季語】聖樹
  8. 【秋の季語】鴨渡る

おすすめ記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  2. 【冬の季語】水洟
  3. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  4. 【夏の季語】虹
  5. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  6. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  7. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  8. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  9. 【冬の季語】冬籠
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  2. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  3. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  4. 【春の季語】春雷
  5. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  6. 【冬の季語】冬木の芽
  7. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  8. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  9. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  10. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
PAGE TOP