季語・歳時記

【春の季語】猫の恋

【春の季語=初春(2月)】猫の恋

猫の発情期を擬人化して表現した春の季語。

恋猫」「恋の猫」よりも「恋」に比重がある。

〈猫の恋やむとき閨の朧月〉(芭蕉)のように、元禄期からある季語である。

〈星の下猫の恋また人の恋〉(桂信子)のように、どことなく「人の恋」との対比や類似がおのずから想像される季語でもある。


【猫の恋(上五)】
猫の恋老松町も更けにけり 日野草城
猫の恋月に嘯くとはいへど 川端茅舎
猫の恋シャワーの水が湯に変わる 佐藤友望

【猫の恋(中七)】
星の下猫の恋また人の恋 桂信子

【猫の恋(下五)】
山国の暗すさまじや猫の恋 原石鼎
地震やみしあとのしじまや猫の恋 深見けん二
対岸に波たちあがる猫の恋 杉山久子
浅はかな一夜もあらむ猫の恋 堀切克洋


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】年惜む
  2. 【冬の季語】寒椿
  3. 【冬の季語】冬滝
  4. 【冬の季語】大年
  5. 【春の季語】月朧
  6. 【冬の季語】セーター
  7. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  8. 【夏の季語】ソーダ水

おすすめ記事

  1. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
  2. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  3. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  4. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  6. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  7. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  8. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  9. 【#26-2】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
  10. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】ラベンダー
  2. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  4. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  5. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  6. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  7. 【冬の季語】室咲
  8. 【春の季語】風光る
  9. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  10. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
PAGE TOP