季語・歳時記

【春の季語】猫の恋

【春の季語=初春(2月)】猫の恋

猫の発情期を擬人化して表現した春の季語。

恋猫」「恋の猫」よりも「恋」に比重がある。

〈猫の恋やむとき閨の朧月〉(芭蕉)のように、元禄期からある季語である。

〈星の下猫の恋また人の恋〉(桂信子)のように、どことなく「人の恋」との対比や類似がおのずから想像される季語でもある。


【猫の恋(上五)】
猫の恋老松町も更けにけり 日野草城
猫の恋月に嘯くとはいへど 川端茅舎
猫の恋シャワーの水が湯に変わる 佐藤友望

【猫の恋(中七)】
星の下猫の恋また人の恋 桂信子

【猫の恋(下五)】
山国の暗すさまじや猫の恋 原石鼎
地震やみしあとのしじまや猫の恋 深見けん二
対岸に波たちあがる猫の恋 杉山久子
浅はかな一夜もあらむ猫の恋 堀切克洋


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】福寿草
  2. 【冬の季語】蒲団(布団)
  3. 【夏の季語】父の日
  4. 【春の季語】春時雨
  5. 【秋の季語】新酒/今年酒
  6. 【夏の季語】梅雨に入る
  7. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  8. 【冬の季語】日記買う

おすすめ記事

  1. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  2. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  4. 【新年の季語】松納
  5. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  7. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  8. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  9. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15

Pickup記事

  1. 【春の季語】涅槃絵図
  2. 【夏の季語】海の日
  3. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  4. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  5. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  6. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  7. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  8. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  10. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
PAGE TOP