夏の季語

【夏の季語】和蘭陀獅子頭

金魚」の一種で、「琉金」の突然変異個体を選別・固定化した品種。江戸時代の寛政年間(1789~1800)に、中国から琉球を経て、長崎に渡来した。

当時の日本は鎖国をしていたため、珍しい渡来物を「オランダ物」と呼び珍重していた。

ちなみに「獅子頭」は新年の季語。


【金魚(上五)】
死ぬときも派手に和蘭陀獅子頭   櫂未知子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】大晦日
  2. 【新年の季語】歌留多会
  3. 【夏の季語】月涼し
  4. 【新年の季語】門松
  5. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  6. 【冬の季語】蒲団(布団)
  7. 【冬の季語】日向ぼこ
  8. 【新年の季語】松納

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  2. 【春の季語】早春
  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  4. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  5. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  6. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  7. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  8. 【秋の季語】銀漢
  9. 動かない方も温められている 芳賀博子
  10. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】

Pickup記事

  1. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  2. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  3. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  5. 【冬の季語】古暦
  6. 【冬の季語】冬薔薇
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  9. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
PAGE TOP