夏の季語

【夏の季語】入梅

太陽の黄径が80度に達する日。「芒種」から数えて6日め頃の最初の「壬(みずのえ)」の日にあたります。天気予報のない時代に農事暦としても使われていた旧暦では、その日を境に約30日間が「梅雨」とされ、これが「田植」の日を決める目安となっていました。

「入梅」のおわりが「出梅」。陰暦でいえば「夏至」 のあと、最初の「庚 (かのえ) 」の日。あるいは、「小暑」のあとの最初の「壬」の日ともいわれています。

歴史的仮名遣いでが「にふばい」。梅雨が終わるころは「出梅」。

「入梅」と書いて「つゆいり・ついり」と読ませることもある。


【入梅(上五)】
入梅のひま鼻とほさるゝ小牛哉 加舎白雄
入梅や蟹かけ歩く大座敷  小林一茶
入梅や墓さむげなる竹のつゆ 飯田蛇笏

【入梅(中七)】

【入梅(下五)】
島にあがる魚美しき入梅かな 大峯あきら
苔玉に白き花咲く入梅かな 山尾玉藻

【ほかの季語と】
入梅や紫かけし青紫陽花 鈴木花蓑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】草いきれ
  2. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  3. 【春の季語】春雪
  4. 【春の季語】啓蟄
  5. 【夏の季語】サイダー
  6. 【秋の季語】八月
  7. 【秋の季語】天の川
  8. 【新年の季語】七種(七草)

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】金魚
  2. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  3. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  4. エッフェル塔見ゆる小部屋に雛飾り 柳田静爾楼【季語=雛飾り(春)】
  5. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  6. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  7. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  8. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  9. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  10. 【春の季語】流氷

Pickup記事

  1. 【春の季語】猫柳
  2. 【夏の季語】水着
  3. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  4. 【春の季語】蝶生る
  5. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  6. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  7. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  8. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  9. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  10. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
PAGE TOP