夏の季語

【夏の季語】入梅

太陽の黄径が80度に達する日。「芒種」から数えて6日め頃の最初の「壬(みずのえ)」の日にあたります。天気予報のない時代に農事暦としても使われていた旧暦では、その日を境に約30日間が「梅雨」とされ、これが「田植」の日を決める目安となっていました。

「入梅」のおわりが「出梅」。陰暦でいえば「夏至」 のあと、最初の「庚 (かのえ) 」の日。あるいは、「小暑」のあとの最初の「壬」の日ともいわれています。

歴史的仮名遣いでが「にふばい」。梅雨が終わるころは「出梅」。

「入梅」と書いて「つゆいり・ついり」と読ませることもある。


【入梅(上五)】
入梅のひま鼻とほさるゝ小牛哉 加舎白雄
入梅や蟹かけ歩く大座敷  小林一茶
入梅や墓さむげなる竹のつゆ 飯田蛇笏

【入梅(中七)】

【入梅(下五)】
島にあがる魚美しき入梅かな 大峯あきら
苔玉に白き花咲く入梅かな 山尾玉藻

【ほかの季語と】
入梅や紫かけし青紫陽花 鈴木花蓑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】松茸
  2. 【春の季語】啓蟄
  3. 【冬の季語】蓮根掘る
  4. 【秋の季語】残暑
  5. 【秋の季語】新酒/今年酒
  6. 【新年の季語】獅子頭
  7. 【春の季語】春泥
  8. 【夏の季語】夏至

おすすめ記事

  1. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  2. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  3. 【春の季語】二月
  4. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  5. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  7. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  8. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  9. 【秋の季語】渡り鳥
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之

Pickup記事

  1. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
  2. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  3. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  4. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
  5. 【夏の季語】ごきぶり
  6. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  7. 【冬の季語】冬の月
  8. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  9. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
PAGE TOP