季語・歳時記

【夏の季語】シャワー

【解説】暑い夏に浴びる冷たいシャワーは、気持ちいいですね。いちにちに、二度、三度浴びることも。

【シャワー】
シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は   櫂未知子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】注連の内
  2. 【冬の季語】豆撒
  3. 【冬の季語】年惜む
  4. 【春の季語】紅梅
  5. 【秋の季語】白式部
  6. 【新年の季語】松飾る
  7. 【冬の季語】手袋
  8. 【秋の季語】曼珠沙華

おすすめ記事

  1. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  2. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  3. 【夏の季語】ソーダ水
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  5. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  6. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  7. 【夏の季語】水着
  8. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  9. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】

Pickup記事

  1. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  2. 【冬の季語】枯木
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  4. 【春の季語】子猫
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  6. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  7. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  10. 【夏の季語】母の日
PAGE TOP