夏の季語

【夏の季語】蓮

【夏の季語=晩夏(7月)】蓮(はす・はちす)

多年生の水草で、根茎は泥中にあります。根茎の太い部分は「蓮根」と呼ばれて食用になり、種子も食べることができるます。「蓮根」は冬の季語、「蓮の実」は仲秋の季語、「蓮の浮葉」は初夏の季語です。

古くから鑑賞用・食用として東アジアで広く栽培されていました。汚い泥の中から清純な花を咲かせる蓮は極楽浄土に見立てられ、仏教と深い結びつきを持っています。

元々は実が蜂の巣に似ていることから「蜂巣(はちす)」と呼ばれ、のち「はす」に変化しました。仏教的なイメージを超え、その美しさが広く愛されています。

「蓮」も二音で「はす」と読むこともあれば、三音で「はちす」と読むこともあります。


【蓮(上五)】
白蓮に人形さはる夜明かな 蓼太
蓮の香や水を離るる茎二寸 蕪村
蓮の花咲くや淋しき駐車場 正岡子規
蓮の花とらんと向けし舳(へさき)かな 高野素十
夜の蓮に婚礼の部屋を開けはなつ 山口誓子
蓮池の真っ盛りなる他郷かな 永田耕衣
白蓮城シャツ彼ひぐがへり内灘へ 吉沢太穂
蓮ひらく空ゆくものに息あはせ 大石悦子

【蓮(中七)】
さはさはとはちすをゆする池の亀 鬼貫
くつがへる蓮の葉水を打ちすくひ 松本たかし
白服の少女は蓮の風の中 野澤節子
手にもてば手の蓮に来る夕かな 河原枇杷男
黄金の蓮へ帰る野球かな 摂津幸彦
ひらききる蓮(はもす)や未来都市に住む 山岸冬草
一穴にて大鬼蓮の腐りそむ 中村和弘

【蓮(下五)】
鯉鮒のこの世の池や蓮の花 許六
ほのぼのと舟押し出すや蓮の中 夏目漱石
みちのくの星に濡れつつ蓮咲きぬ 宇田零雨
利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子 
遠き世の如く遠くに蓮の華 山口誓子
足許の闇に音たて池の蓮 桂信子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬蝶
  2. 【冬の季語】冬立つ
  3. 【秋の季語】後の月
  4. 【夏の季語】バナナ
  5. 【春の季語】囀
  6. 【冬の季語】寒し
  7. 【春の季語】日永
  8. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)

おすすめ記事

  1. 【春の季語】うらら
  2. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  3. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】
  4. 【春の季語】雁帰る
  5. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  6. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  7. 【夏の季語】草ロール
  8. 【春の季語】春雷
  9. 【冬の季語】大晦日
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼

Pickup記事

  1. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  2. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  3. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  4. 【秋の季語】白式部
  5. 【春の季語】春の月
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  8. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  10. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
PAGE TOP