冬の季語

【冬の季語】雪折

【冬の季語=晩冬(1月)】雪折

降り積もる「」の重さで、木々の幹や枝が折れてしまうこと。あるいは、折れた木のこと。

歴史的仮名遣いだと「ゆきをれ」。「雪折れ」と「れ」を送ることもある。

雪折を防ぐために縄や針金を使って補強することが「雪吊」である。


【雪折(上五)】
雪折の竹かぶさりぬ滑川 高浜虚子
雪折のとゞまりがたき谺かな 阿波野青畝
雪折の竹狼藉を極めたり 下村梅子
雪折の日を経て埃くさきかな 波多野爽波
雪折れの松の折れ口匂ひたつ 福田甲子雄
雪折れの枝にからみてさるをがせ 園嵜秀吉
雪折れの隣の枝をはね返す 津志田武
雪折の杉少年の匂ひせり 神沢英雄
雪折れの森囚人達の蝶結び 仁平勝
雪折や葉裏みせたる黐の枝 岸本尚毅
雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子

【雪折(中七)】
たが影もなく雪折の音したり 鬼頭桐葉
帰るさも嗅ぐ雪折れの木の折れ口 池田澄子

【雪折(下五)】

【ほかの季語と】
雪折の松に鴨ゐる御陵かな 大橋櫻坡子
雪折のふふめる梅の一枝かな 石川桂郎
雪折の桜を活けて牧ぐらし 太田土男
雪折の笹踏んでゆく山女釣  広渡敬雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】野遊
  2. 【新年の季語】初夢
  3. 【冬の季語】寒晴
  4. 【春の季語】卒業
  5. 【春の季語】恋猫
  6. 【春の季語】冴返る
  7. 【春の季語】四月馬鹿
  8. 【冬の季語】火事

おすすめ記事

  1. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  2. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  3. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  5. 【春の季語】春一番
  6. 【冬の季語】鴨
  7. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  8. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  10. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

Pickup記事

  1. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  2. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  6. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  7. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  8. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】
  9. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  10. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
PAGE TOP