ハイクノミカタ

雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 


雪折を振り返ることしかできず)

(瀬間陽子

昨日は東京にも雪が降った。そして雷も。

掲句は、昨年の秋に刊行された瀬間陽子さんの第一句集『新潮文庫の栞紐』より。

見ための美しさとは違い、雪は積もると本当に重いし、危険も伴う。昨日も傘に降り積もる雪が重くて少し怖くなった。

作者は雪折の音を聞いて、雪折に気づき振り返ったのだろうか。雪で折れてしまった木の凄まじさを思いつつも、何をする訳でもなくまた歩きはじめる。

痛みに対して何もできないことへの痛み。
そしてまたいつもの日常へと戻ってゆくことへの苦み。

何よりも時間は直線的であることを切実に思わされる句だ。

自然に限らず、自分の力だけではどうしようもないことは突然起きる。
人との別れもそうだろう。

雪折のことを書いているけれど、雪折以外のことも書かれているような句であり、『新潮文庫の栞紐』はそういった痛みや違和感を抱えてきた人の句集だと思った。

遠廻りしてきた匂い春の鹿 

春の鹿が実際に遠廻りしてきたわけではなく、遠廻りしてきたような匂いだと思ったのだろう。春の鹿の気怠さは確かにそんな雰囲気を纏っている。

鹿独特の生臭い匂いは決して良い匂いとは言えないかもしれないが、遠廻りすることでたくさんの物を見て感じることができるように、肯定的にその匂いを受け入れている。

天道虫とわたしの裏側が似ている 

天道虫の鮮やかな翅ばかりに目がいきがちであるが、ひっくりかえすと寂しくも情けなくもある天道虫の裏側。それを自分の裏側に似ているという作者。把握の仕方が大胆で独特だが、誰もが内側に持っている寂しさが描かれている。

『新潮文庫の栞紐』というちょっと変わったタイトルの句集は、常に独自の感覚と言葉で世界を掴みとろうとしている。

その世界は少しだけさみしくてほろ苦さもあるけれど、全身全霊で生きて、書いてきたことがひしと伝わってくる句集だ。

恋人は飛魚のような靴で来る

山岸由佳


【執筆者プロフィール】
山岸由佳(やまぎし・ゆか)
炎環」同人・「豆の木」参加
第33回現代俳句新人賞。第一句集『丈夫な紙』
Website 「とれもろ」https://toremoro.sakura.ne.jp/


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  2. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  3. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  4. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  5. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  6. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=…
  7. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  8. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】

おすすめ記事

  1. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  2. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  3. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  8. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  9. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  10. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  2. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  3. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  4. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  5. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
  6. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  7. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  9. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】
  10. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
PAGE TOP