ハイクノミカタ

遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】


遅れて着く花粉まみれの人喰沼)

飯島晴子

 昭和四十七年、晴子は渡良瀬遊水地を二度歩いている。二度目の訪問で、掲句に加え〈紅梅であつたかもしれぬ荒地の橋〉〈どろやなぎなまやさしくも菩薩見え〉〈葦茂る平たい乳房かしづかれ〉〈体刑の青葦の泥かゞやけとよ〉〈足だるく川筋の葱喰ひいそぐ〉を作ったと思われる。その際晴子は、「芦を刈って葭簀を編んで、鯉や鰻をとって」暮らしている男にたまたま会い、自転車の荷台に乗せてもらい色々と案内してもらったらしい。そもそも渡良瀬遊水地は元々足尾銅山の汚染地帯であり、住民が移動を強いられたあと、蘆が蔓延ったのである。晴子の出会った男は、蘆原の中の藁屋根の家に住み、きわめて原始的な生活を営んでいたのだという。晴子は、「自然と人間、人間と人間との、歴史のからみ合いの複雑さを思わないわけにはいかない」と言い、「眼前の枯芦原は、この上なく単調で静まりかえっているのでかえって、歴史というものをはげしく想像さすところがあった」と続ける。

 掲句にはまさにその交錯が現れている。花粉をびっしりつけた白楊をほとりに置く沼は自然の姿そのもの。しかし「人喰沼」と言うからにはすでに、人間のつくりあげた枠組みの中で沼が捉えられている。それに、足尾銅山にまつわる問題という文脈も踏まえれば、「人喰」には、「人間と人間との……からみ合い」のニュアンスも込められているかもしれない。そしてそこに今まさに、この作中主体が「遅れて着く」のである。言葉を通して、晴子はその「歴史のからみ合いの複雑さ」に切り込み、新たな断面を現出させた。

 ***

 私自身栃木に赴任中であり、三月には渡良瀬遊水地の蘆焼を見に行った。遮るもののない視界の広範囲に炎と黒煙が上がり、かなり迫力のある光景だった。枯蘆原から追いやられた狸が、ゆきどころなく彷徨っている様子もみられて可愛かった。全く偶然、同時にそこを訪れていた行方克巳先生は、疾走する猪の群れに出会ったという。晴子のことを思えば大変情けないが、私はずいぶん気楽に見物するばかりであった。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  2. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  3. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  4. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)…
  5. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  6. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】
  7. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  8. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋分の日
  2. 【冬の季語】掘炬燵
  3. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  4. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  5. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  6. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  7. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  8. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  10. 【新年の季語】俎始

Pickup記事

  1. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  2. 【冬の季語】咳
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  6. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  7. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  8. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  9. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  10. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
PAGE TOP