ハイクノミカタ

やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】


やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ)

飯島晴子

前回、晴子には赤子俳句が多いと言ったが、その一つがこれである。はっきりとはしないが、その直後に〈草に木に手を隠しゆく宮参〉が並べられていることもあり、私はそう解釈している。初孫が生れた五年後の作である。

茶籠、しかも「大きい茶籠」と言われるといかにも赤ん坊と同じような大きさという感じがする。茶籠と赤子と、ごろんと夕方の畳に置かれている様子、赤子の顔に茶籠の影が落ちている尊い景が想像される。「眠らされ」という一歩引いた措辞もいいし、「やつと」から出る夕暮の雰囲気もいい。「やつと」はおそらく「ようやく」の意味だが、私はなんとなく擬態語的な意味合いも重ねて読んでいる。少し雑に、「ヤッ」と。〈橡の花きつと最後の夕日さす〉の「きつと」も「おそらくは」の意味なのだろうが、「キッ」と鋭く夕日がさす感じもあると思う。

さらに言えば、掲句の少し前の〈つひに老い野蒜の門をあけておく〉〈鶯に蔵をつめたくしておかむ〉〈かげろふの坂下りて来る大あたま〉なども、私としては赤子の誕生までと思うと妙に納得してしまい、作者の意図ではなかろうが、今となってはそうとしか思えなくなっている。そして〈草に木に〉のあとにある〈よき声の椿をはこぶ闇路あり〉も、「椿」が赤子に思えて仕方ない。

全て深読みである。しかしそれは読者の勝手。私自身の作に関して言えば、別に俳句で何か特定のものを描きたいとは思っていない。ぜひ深読みしてもらいたいのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセー…
  2. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  3. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  4. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  5. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  6. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  7. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  8. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】

おすすめ記事

  1. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  3. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  4. 【秋の季語】八月
  5. 【冬の季語】冬川
  6. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  7. 【新年の季語】注連の内
  8. 【秋の季語】茸(菌)
  9. 【冬の季語】毛糸
  10. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】

Pickup記事

  1. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  2. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  3. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  4. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  5. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  6. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  7. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  9. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  10. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
PAGE TOP