ハイクノミカタ

細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】


細長き泉に着きぬ父と子と)

飯島晴子

 鬱蒼とした山道を歩く間、方角や距離の感覚は鈍っているであろう。周囲を捉える尺度が揺らぎつつある状況で漸く泉にたどり着いた時の、身体の内外が交通を再開する開放感が、掲句にはある。その開放感は一瞬のことでありながら、じんわりとした感覚であろう。そして、嬉しいなどという感情よりも、もっと根源的でかつニュートラルなものだと思われる。

 眼前に泉が現れた瞬間、それを「細長き」と認識した。泉が細長ければ、どこかしら見通しづらい部分がある。真円に近く、おおよそ全貌を見渡せる場合より、少し心細い感じがありそうだ。ただし、実際にはそこまで細長くはなかったのかもしれない。暗いところから明るいところに出た時のように、外界を認識するための尺度は徐々に整ってゆくであろう。

 着いたのは父と子。こう提示されると、我々はひとかたまりとしての父と子を思い浮かべる。父と子のそれぞれの事情には、それほど深入りさせない句である。それは、父と子が、別個の人間でありながら、掲句の瞬間においては、限りなくひとつのものに近いからかもしれない。同じことを考えているという以上の次元の、もっと芯の部分で、通い合っているのだと思う。泉に到達した開放感によってそれぞれの身体の内部と外部の空気とが交通し、その空気を介して父と子もまた交通しているのではないか。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  2. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  3. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  4. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  5. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)…
  6. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  7. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  8. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】
  2. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  3. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  4. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  5. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  6. 【冬の季語】蕪
  7. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】
  8. 数と俳句(二)/小滝肇
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  10. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

Pickup記事

  1. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  2. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  3. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  4. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  5. 【冬の季語】八手の花
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  7. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  8. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  9. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  10. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
PAGE TOP