ハイクノミカタ

細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】


細長き泉に着きぬ父と子と)

飯島晴子

 鬱蒼とした山道を歩く間、方角や距離の感覚は鈍っているであろう。周囲を捉える尺度が揺らぎつつある状況で漸く泉にたどり着いた時の、身体の内外が交通を再開する開放感が、掲句にはある。その開放感は一瞬のことでありながら、じんわりとした感覚であろう。そして、嬉しいなどという感情よりも、もっと根源的でかつニュートラルなものだと思われる。

 眼前に泉が現れた瞬間、それを「細長き」と認識した。泉が細長ければ、どこかしら見通しづらい部分がある。真円に近く、おおよそ全貌を見渡せる場合より、少し心細い感じがありそうだ。ただし、実際にはそこまで細長くはなかったのかもしれない。暗いところから明るいところに出た時のように、外界を認識するための尺度は徐々に整ってゆくであろう。

 着いたのは父と子。こう提示されると、我々はひとかたまりとしての父と子を思い浮かべる。父と子のそれぞれの事情には、それほど深入りさせない句である。それは、父と子が、別個の人間でありながら、掲句の瞬間においては、限りなくひとつのものに近いからかもしれない。同じことを考えているという以上の次元の、もっと芯の部分で、通い合っているのだと思う。泉に到達した開放感によってそれぞれの身体の内部と外部の空気とが交通し、その空気を介して父と子もまた交通しているのではないか。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  2. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  3. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  4. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(…
  5. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  6. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  7. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  8. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】

おすすめ記事

  1. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  2. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  3. 【冬の季語】室の花
  4. 【夏の季語】サイダー
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  7. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  8. 【新年の季語】正月
  9. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  10. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬蝶
  2. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  3. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  4. 【新年の季語】初句会
  5. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  6. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  7. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  9. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  10. 【秋の季語】末枯
PAGE TOP