ハイクノミカタ

気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】


気を強く春の円座に坐つてゐる)

飯島晴子

 〈いつも二階に肌ぬぎの祖母ゐるからは〉は、晴子自身見たこともない曽祖母がモデルだそう。「毎日晩酌を欠かさず、夏は肌脱ぎで酒を飲んだ」その曽祖母は「京都の暗い家の中に肌脱ぎでとぐろを巻いている醜悪な因業婆」だったらしい。掲句にもその曽祖母のイメージを見出すことができる。暗い部屋に妖しい夕日がさしこみ、気難しい老女が円座に座っているのである。

 晴子の母方は西陣の機屋。掲句や〈簟眼にちから這入りけり〉は晴子の原風景を反映しているだろう。このような「京都という都会に生まれ育った」晴子は「本意の側」にあり、まわりは「本意のうっとうしさに満ち満ちて」いたという。そして「これに抵抗していると思っている間は爽やかに仕合わせであった」とも。一方で俳句は「本意に対する批判を……基本の精神として持って」いながら「この極端な短さで本意を無視して何が出来るかという矛盾」を持っており、この矛盾が「俳句形式の原エネルギー」であり、「この矛盾自体が俳句形式かもしれないと思うことすらある」とも述べている。自身の精神構造と俳句形式とを重ね合わせているのである。

 私自身、「この矛盾自体が俳句形式かもしれない」ということを、それなりに長い間、句作の拠り所としてきた。俳句とはなんだろうと頭を抱えるとき、この明快な説明に救われるのである。これさえ意識していれば、自分の作ったものが俳句たりえると盲信しているところがある。

 ただし、私は明らかに「本意の側」にはない。ではなぜ俳句という形式が私にしっくりと来るのか。人様の形式論から独り立ちして自分なりの考えが生まれたとき、初めて一人前と言えるのだろう。その日はまだまだ遠い気がしている。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  2. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】
  3. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)…
  4. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  5. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  6. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  7. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…
  8. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ…

おすすめ記事

  1. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  2. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  4. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  6. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  8. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  9. 【秋の季語】秋の蝶
  10. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  2. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  3. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  4. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  5. 【新年の季語】松飾
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ
  8. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  9. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  10. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン
PAGE TOP