ハイクノミカタ

幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】


幼子の手の腥き春の空)

飯島晴子

晴子のエッセイに「わが赤ん坊体験」というものがある。その中で、晴子は孫が生まれた際に、「赤ん坊の取扱いについて全く自信のないことにうろたえた」と言う。生まれたばかりの孫の「まだ何にも被われない命の反応の敏感さに畏れをも」ち、その子が「目も見え耳も聞えるに従って反応の神秘性は消えて、平凡で健康な赤ん坊に育っていった」と続ける。さらに、「人間は赤ん坊よりも、物心ついて人間らしくなってからの方が、可愛いものは可愛い」と言うに至る。

一方で、暗喩的に赤子を描いている句も含めて、晴子には赤子俳句が案外多く、しかもそれらは晴子俳句のど真ん中であると言ってもよい。逆に、成長した子供の句はさほど多くない。晴子俳句を支えるものが「愛」よりも「畏れ」だということのあらわれだろう。

では掲句の「幼子」はどうだろう。

私には、この「幼子」は、神秘的なもの、霊的なものを失う只中にいるのだと思われる。柔らかい春の空の下の柔らかい掌。平たくて、少し起伏のあるもの。清潔な人間になってゆく過程でなお残る獣の腥さ。ささやかな神秘を取り逃すまいとするところが晴子俳句の迫力であり、その神秘を惜しむところに晴子の一つの叙情があると思っている。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  2. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  3. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  4. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  5. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2…
  6. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】…
  7. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  8. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】

おすすめ記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  3. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  4. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  5. 【春の季語】春塵
  6. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】
  7. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  10. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

Pickup記事

  1. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  3. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  4. 【秋の季語】秋高し
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  6. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  7. 【新年の季語】成人の日
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  9. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  10. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
PAGE TOP