冬の季語

【冬の季語】綿虫

【冬の季語=初冬(11月)】綿虫

【解説】

「綿虫」はなかなか厄介な季語。

「綿虫」の俗称である「雪虫」と、春に雪面に現れる「雪虫」という、似たようでいてまったく違う2種類の虫がいるため。一句だけ取り出してみるとどちらを詠んだものか迷うものも多く、歳時記の例句でも少なからず混乱していることがある。

冬の季語としての「雪虫=綿虫」は、晩秋から初冬にかけて、空中を青白く光りながら浮遊する。物に当たると付着する。明治以降注目されて、詠まれるようになった。

雪虫が初めて出現してから2週間後に初雪が降るということが、一時まことしやかに語られたが、地域によってまちまちであり、いわば都市伝説のような面もある。

「雪ぼたる」「雪婆」「大綿」「線虫」など、昭和期には副題の幅も広がった。


【綿虫(上五)】
綿虫やむらさき澄める仔牛の眼 水原秋櫻子
綿虫のはたしてあそぶ櫟みち 石川桂郎
綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空
綿虫と息合ひて世に後れけり 大石悦子
綿虫がとぶ青雲の志   辻田克巳
綿虫や卓袱台捨てて一家去る 守屋明俊
綿虫や遠弟子として生きて来し 野中亮介
綿虫のあたりきのふのあるごとし 小川軽舟
綿虫のどれにも焦点が合はぬ 林 菊枝
わたむしに重力わたくしに浮力 嵯峨根鈴子
綿虫や親と子としてゐる不思 吉野まつ美
綿虫と契る綿虫黄金郷 小林貴子
綿虫に人の眼の満ちて引く 藤井あかり
綿虫や愛するために名をつけて 神野紗希

【綿虫(中七)】
いつも来る綿虫のころ深大寺  石田波郷
誰の手もそれて綿虫まどかなれ 大竹きみ江
見えてくる綿虫じつとしてゐれば 津高里永子
陽のままでいる綿虫に出会うまで 月野ぽぽな
翅張つて綿虫のいま飛ぶ構へ 村上鞆彦

【綿虫(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日向ぼこ
  2. 【春の季語】梅二月
  3. 【新年の季語】門の松
  4. 【夏の季語】草いきれ
  5. 【冬の季語】鯨
  6. 【冬の季語】探梅行
  7. 【冬の季語】冬木の芽
  8. 【春の季語】四月馬鹿

おすすめ記事

  1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  2. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  4. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  5. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  6. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  7. 【冬の季語】冬立つ
  8. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  9. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  10. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】

Pickup記事

  1. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  3. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  5. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  7. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  9. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空
PAGE TOP