季語・歳時記

【秋の季語】渡り鳥

【秋の季語=晩秋(10月)】渡り鳥

食糧、環境、繁殖などの事情に応じて、定期的に長い距離を移動(渡り)する鳥のこと。

春に南方から渡来して、秋に再び南方に渡去する「夏鳥」(ツバメ、アマサギ、オオルリ、キビタキ、クロツグミ、ハチクマ、サシバなど)、秋に北方より渡来して、春に再び北方に渡去する冬鳥」(ツグミ、ジョウビタキ、ユリカモメ、マガモ、オオハクチョウ、マナヅル、オオワシ、キンクロハジロなど)と呼び分けるが、俳句の季語としては後者を指し、秋の季語として使う。

小鳥に限定した「小鳥来る」という季語もあり、また「鳥渡る」と動詞的に用いることも多い。


【渡り鳥(上五)】
渡り鳥みるみるわれの小さくなり 上田五千石
渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美
渡り鳥近所の鳩に気負なし 小川軽舟
渡り鳥折紙にある山と谷 渡部有紀子

【渡り鳥(中七)】

【渡り鳥(下五)】
木曽川の今こそ光れ渡り鳥 高浜虚子
夜の明けて我もうれしや渡鳥 高田蝶衣
わが息のわが身に通ひ渡り鳥 飯田龍太
ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
くりぬかれ太鼓となる木渡り鳥 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】白梅
  2. 【冬の季語】節分会
  3. 【春の季語】蛇穴を出る
  4. 【新年の季語】春七種(春七草)
  5. 【秋の季語】秋暑し
  6. 【冬の季語】冬うらら
  7. 【新年の季語】獅子頭
  8. 【冬の季語】聖夜

おすすめ記事

  1. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月19日配信分】
  3. 【冬の季語】掘炬燵
  4. 【冬の季語】忘年
  5. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  6. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  8. 【夏の季語】昼寝
  9. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

Pickup記事

  1. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  2. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  3. 【夏の季語】涼しさ
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  7. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  9. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  10. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
PAGE TOP