季語・歳時記

【秋の季語】渡り鳥

【秋の季語=晩秋(10月)】渡り鳥

食糧、環境、繁殖などの事情に応じて、定期的に長い距離を移動(渡り)する鳥のこと。

春に南方から渡来して、秋に再び南方に渡去する「夏鳥」(ツバメ、アマサギ、オオルリ、キビタキ、クロツグミ、ハチクマ、サシバなど)、秋に北方より渡来して、春に再び北方に渡去する冬鳥」(ツグミ、ジョウビタキ、ユリカモメ、マガモ、オオハクチョウ、マナヅル、オオワシ、キンクロハジロなど)と呼び分けるが、俳句の季語としては後者を指し、秋の季語として使う。

小鳥に限定した「小鳥来る」という季語もあり、また「鳥渡る」と動詞的に用いることも多い。


【渡り鳥(上五)】
渡り鳥みるみるわれの小さくなり 上田五千石
渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美
渡り鳥近所の鳩に気負なし 小川軽舟
渡り鳥折紙にある山と谷 渡部有紀子

【渡り鳥(中七)】

【渡り鳥(下五)】
木曽川の今こそ光れ渡り鳥 高浜虚子
夜の明けて我もうれしや渡鳥 高田蝶衣
わが息のわが身に通ひ渡り鳥 飯田龍太
ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
くりぬかれ太鼓となる木渡り鳥 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋分の日
  2. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  3. 【冬の季語】探梅行
  4. 【春の季語】朧月
  5. 【秋の季語】月
  6. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  7. 【春の季語】涅槃絵図
  8. 【秋の季語】秋の蛇

おすすめ記事

  1. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  3. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  4. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【予告】
  5. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  7. 【夏の季語】百合
  8. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  9. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  10. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】

Pickup記事

  1. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  2. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  3. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  4. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  5. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  6. 【春の季語】風光る
  7. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  9. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  10. 【夏の季語】涼しい
PAGE TOP