夏の季語

【夏の季語】夏蝶

【夏の季語=三夏(5月~7月)】夏蝶

夏の蝶」を俳句的につづめて言ったもの。

単に「」と呼べば春の季語。


【夏蝶(上五)】
夏蝶や全裸の童泣きわめき 加藤楸邨
夏蝶の高みより影おとしくる 久保田万太郎
夏蝶の息づく琉璃や楓の葉 水原秋桜子
夏蝶白し憤りの日尿(しと)にごる 中村草田男
夏蝶の踏みたる花のしづみけり 村上鞆彦
夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹 

【夏蝶(中七)】
ふと空を仰ぎ夏蝶見失ふ 宇田零雨
舞ひ舞ひて夏蝶翳をもたざりき 新井青磁
髪荒れてくる夏蝶が双つになる 塩野谷仁
つまみたる夏蝶トランプの厚さ 髙柳克弘

【夏蝶(下五)】
ピッチャーもバッターも夏蝶を見て 山口遼也



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】雨水
  2. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  3. 【新年の季語】俎始
  4. 【夏の季語】クーラー
  5. 【秋の季語】末枯
  6. 【冬の季語】十一月
  7. 【冬の季語】襟巻
  8. 【新年の季語】宝船

おすすめ記事

  1. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  2. 【秋の季語】秋の空
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  4. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  5. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  6. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  7. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  9. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  10. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  3. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄
  4. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】
  5. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  7. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  8. 【秋の季語】銀漢
  9. 【春の季語】屋根替
  10. 【春の季語】芹
PAGE TOP