夏の季語

【夏の季語】夏蝶

【夏の季語=三夏(5月~7月)】夏蝶

夏の蝶」を俳句的につづめて言ったもの。

単に「」と呼べば春の季語。


【夏蝶(上五)】
夏蝶や全裸の童泣きわめき 加藤楸邨
夏蝶の高みより影おとしくる 久保田万太郎
夏蝶の息づく琉璃や楓の葉 水原秋桜子
夏蝶白し憤りの日尿(しと)にごる 中村草田男
夏蝶の踏みたる花のしづみけり 村上鞆彦
夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹 

【夏蝶(中七)】
ふと空を仰ぎ夏蝶見失ふ 宇田零雨
舞ひ舞ひて夏蝶翳をもたざりき 新井青磁
髪荒れてくる夏蝶が双つになる 塩野谷仁
つまみたる夏蝶トランプの厚さ 髙柳克弘



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】沙翁忌
  2. 【秋の季語】秋灯下
  3. 【春の季語】朧月
  4. 【冬の季語】花八手
  5. 【春の季語】春寒し
  6. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  7. 【冬の季語】忘年
  8. 【夏の季語】海の家

おすすめ記事

  1. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  2. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  3. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  4. 【春の季語】囀る
  5. 【春の季語】四月馬鹿
  6. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  8. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  9. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  10. 【冬の季語】寒し

Pickup記事

  1. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  2. 【春の季語】猫柳
  3. 【秋の季語】小鳥来る
  4. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  5. 【春の季語】啓蟄
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  7. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  9. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  10. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
PAGE TOP