【秋の季語】カンナ/花カンナ

【秋の季語=初秋(8月)】カンナ/花カンナ

【解説】もともとは熱帯植物だが、品種改良されて園芸種となったものを「ハナカンナ」と呼びます。春植えで、夏から秋にかけて咲きます。赤い花というイメージが一般的。

1~2mの草丈で、太い茎の先に花径10cmほどの花が数個まとまってつきます。グラジオラスに似た花形。 花弁に見えるものは雄しべが変形したもの。 赤以外にも黄色、ピンク、白、絞りや斑入りもあります。

【カンナ】
景色を凸凹にするカンナかな       京極杞陽
鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ    渡辺白泉
本屋の前自転車降りるカンナの黄   鈴木しづ子
あかくあかくカンナが微熱誘ひけり    高柳重信
どの道も日本を出でずカンナの朱     池田澄子
きしみつつ日輪落つるカンナかな     奥坂まや
花かんな昭和の色を消し忘れ       岸本マチ子
花カンナ高架とならず駅古び       三村純也
右の耳ばかりが熱きカンナかな      夏井いつき
その中に崩落の音花カンナ        月野ぽぽな
伝説のロックンロール! カンナの、黄! 福田若之

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る