冬の季語

【冬の季語】年忘れ

【冬の季語=仲冬(12月)】年忘れ

【ミニ解説】

忘年会」というと、年末に催される宴会のことを指すが、「年忘れ」というと、宴会に必ずしも限定されない。起源はよくわかっていないようだが、古くからの風習ではあるようだ。

たとえば、室町時代に連歌会を記した記録には「若者とともに(自分の歳=年齢を忘れて)連歌会の納会でこの1年の上達を喜び合った」という記述がある。下の絵(『慕帰絵々詞』国立国会図書館蔵)は室町時代の連歌会の様子だが、全の用意がされて酒食が運ばれている。

昔は一年が終われば「歳を重ねる」、いわゆる「数え年」であったので、いわば誕生日の前祝いという側面であったということなのだろう。

貝原益軒(1630~1714)の『日本歳時記』には、「目上の人を交えて酒を酌み交わし、1年間を無事に過ごせて、年を越せる(数え年で1つ歳を重ねることができた)ことを喜び合う」のが年末のしきたりだったとある。室町時代の「歳忘れ」の精神がまだ、江戸の世にも残っていることがうかがえる。

芭蕉には、

半日は神を友にや年忘れ

という句があるが、これは元禄3年師走、京都鞍馬の上御霊神社の神官小栗栖祐玄(俳号=示右)に招かれて忘年歌仙を巻いた折の挨拶吟である。

表記のうえでは「年忘」と「れ」を送らないこともある。


【年忘れ(上五)】
年忘老は淋しく笑まひをり 高浜虚子
年忘れ嫌ひな人と並び坐し 片山由美子

【年忘れ(中七)】

【年忘れ(下五)】
朝の間に文使ひして年忘れ  井上井月
とんとんと上る階段年忘れ 星野立子
忘れたき年なればとて年忘れ  能村登四郎
むらさきを着るときめたり年忘 宇多喜代子
悪相の九絵食いつくす年忘れ 宇多喜代子
アジトから男が届く年忘 櫂未知子
天井にとどくゴムの木年忘れ 岸本尚毅
酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒の内
  2. 【春の季語】雛
  3. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  4. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  5. 【夏の季語】涼しい
  6. 【冬の季語】節分会
  7. 【夏の季語】滝
  8. 【夏の季語】扇風機

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】朝顔
  2. 【春の季語】雛
  3. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  4. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  6. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  7. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  8. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  9. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  10. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】花火
  2. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  3. 【新連載】歳時記のトリセツ(1)/村上鞆彦さん
  4. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  5. 【冬の季語】冬川
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  7. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  8. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  9. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  10. 【新年の季語】歌留多
PAGE TOP