冬の季語

【冬の季語】年忘れ

【冬の季語=仲冬(12月)】年忘れ

【ミニ解説】

忘年会」というと、年末に催される宴会のことを指すが、「年忘れ」というと、宴会に必ずしも限定されない。起源はよくわかっていないようだが、古くからの風習ではあるようだ。

たとえば、室町時代に連歌会を記した記録には「若者とともに(自分の歳=年齢を忘れて)連歌会の納会でこの1年の上達を喜び合った」という記述がある。下の絵(『慕帰絵々詞』国立国会図書館蔵)は室町時代の連歌会の様子だが、全の用意がされて酒食が運ばれている。

昔は一年が終われば「歳を重ねる」、いわゆる「数え年」であったので、いわば誕生日の前祝いという側面であったということなのだろう。

貝原益軒(1630~1714)の『日本歳時記』には、「目上の人を交えて酒を酌み交わし、1年間を無事に過ごせて、年を越せる(数え年で1つ歳を重ねることができた)ことを喜び合う」のが年末のしきたりだったとある。室町時代の「歳忘れ」の精神がまだ、江戸の世にも残っていることがうかがえる。

芭蕉には、

半日は神を友にや年忘れ

という句があるが、これは元禄3年師走、京都鞍馬の上御霊神社の神官小栗栖祐玄(俳号=示右)に招かれて忘年歌仙を巻いた折の挨拶吟である。

表記のうえでは「年忘」と「れ」を送らないこともある。


【年忘れ(上五)】
年忘老は淋しく笑まひをり 高浜虚子
年忘れ嫌ひな人と並び坐し 片山由美子

【年忘れ(中七)】

【年忘れ(下五)】
朝の間に文使ひして年忘れ  井上井月
とんとんと上る階段年忘れ 星野立子
忘れたき年なればとて年忘れ  能村登四郎
むらさきを着るときめたり年忘 宇多喜代子
悪相の九絵食いつくす年忘れ 宇多喜代子
アジトから男が届く年忘 櫂未知子
天井にとどくゴムの木年忘れ 岸本尚毅
酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】椿寿忌
  2. 【冬の季語】冬帽
  3. 【冬の季語】ストーブ
  4. 【冬の季語】襟巻
  5. 【冬の季語】冬滝
  6. 【夏の季語】草ロール
  7. 【冬の季語】十一月
  8. 【春の季語】鴨帰る

おすすめ記事

  1. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  2. 【新年の季語】餅花
  3. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  4. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  5. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  6. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  7. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  8. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  9. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  10. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】

Pickup記事

  1. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  2. 【春の季語】鶯笛
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  5. 【冬の季語】聖夜劇
  6. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  7. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  8. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  9. 【冬の季語】冬蟹
  10. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
PAGE TOP