冬の季語

【冬の季語】毛糸玉

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】毛糸玉

毛糸」は「玉」にして売られている。

冬の季語としては、「毛糸編む」として詠まれることも多い。

セーター」や「マフラー」ももちろん、冬の季語。


【毛糸玉(上五)】
毛糸玉突き放しては今を編む 中村路子
毛糸玉まろぶ日差のある方へ 黛 執
毛糸玉或る時いのちふっと無し 池田澄子
毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己
毛糸玉芯といふものなかりしよ 辻桃子
毛糸玉追へば逃げゆくことばかり 野中亮介
毛糸玉全能にして無能なる 興梠隆
毛糸玉とはもう言へぬ平たさよ 青本瑞季 

【毛糸玉(中七)】
佳き日か車中靴に毛糸玉ころげ来て 川口重美

【毛糸玉(下五)】
物体に陰そなはりて毛糸玉 西原天気
恋をするうちは仕合せ毛糸玉 下坂速穂
煉獄や果物めける毛糸玉 野口る理


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】魚氷に上る
  2. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  3. 【冬の季語】寒木
  4. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  5. 【冬の季語】冬立つ
  6. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  7. 【冬の季語】歳晩
  8. 【新年の季語】成人の日

おすすめ記事

  1. 【春の季語】恋の猫
  2. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  3. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  4. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  5. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  6. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  7. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  8. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  9. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)

Pickup記事

  1. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  2. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  3. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  4. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  6. 【春の季語】旧正月
  7. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  9. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  10. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
PAGE TOP