冬の季語

【冬の季語】毛糸玉

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】毛糸玉

毛糸」は「玉」にして売られている。

冬の季語としては、「毛糸編む」として詠まれることも多い。

セーター」や「マフラー」ももちろん、冬の季語。


【毛糸玉(上五)】
毛糸玉突き放しては今を編む 中村路子
毛糸玉まろぶ日差のある方へ 黛 執
毛糸玉或る時いのちふっと無し 池田澄子
毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己
毛糸玉芯といふものなかりしよ 辻桃子
毛糸玉追へば逃げゆくことばかり 野中亮介
毛糸玉全能にして無能なる 興梠隆
毛糸玉とはもう言へぬ平たさよ 青本瑞季 

【毛糸玉(中七)】
佳き日か車中靴に毛糸玉ころげ来て 川口重美

【毛糸玉(下五)】
物体に陰そなはりて毛糸玉 西原天気
恋をするうちは仕合せ毛糸玉 下坂速穂
煉獄や果物めける毛糸玉 野口る理


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】蟻穴を出づ
  2. 【春の季語】春
  3. 【新年の季語】初旅
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. 【春の季語】朧月
  6. 【冬の季語】冬の月
  7. 【冬の季語】日向ぼっこ
  8. 【冬の季語】節分

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】クリスマス
  2. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  4. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  5. 【秋の季語】秋の蛇
  6. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  7. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  8. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  10. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】田遊
  2. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  3. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】
  4. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  5. 【冬の季語】熊
  6. 【春の季語】雛あられ
  7. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  8. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
PAGE TOP