冬の季語

【冬の季語】セーター

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】セーター

【ミニ解説】

毛糸」で編んだ(頭からかぶって着る)上着。「スヱタ」。


【セーター(上五)】
セーターに枯葉一片旅さむし 加藤楸邨
セーターの男タラップ駆け下り来 深見けん二
セーターの胸に百日目の赤子 宇多喜代子
セーターにもぐり出られぬかもしれぬ 池田澄子
セーターに猫の毛付けしまま帰す 西澤みず季
セーターの中の迷子やちひさな手 髙田正子
セーターの毛玉仕方のなき人よ 森賀まり
セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔
セーターに恋の話をしてをりぬ 篠塚雅世
セーターの女の形して残る 橋本直
セーターの胸にトナカイ行進す 金子敦
セーターを一人は脱げり美術室  太田うさぎ
セーターにゴシック体やМの赤 豊田・ヌー
セーターのブローチの馬歩き出す 谷さやん
セーターに松葉が刺さる帰らねば  大塚凱
セーターを掴む拳や乳を飲む 今泉礼奈
セーターを脱げば眼鏡の引つ掛かる  小野あらた

【セーター(中七)】
妻知らぬセーターを着て町歩く 本井英
生きのびてセーターやはり黒選ぶ 渋川京子
校則で着るやうなセーターを着て 田口武
とつくりセーター白き成人映画かな 近恵
首筋の終はりセーター卵色  田口茉於
群青世界セーターを頭の抜くるまで 相子智恵
編みかけセーターじゃがいものスープ 神野紗希

【セーター(下五)】
受付の花瓶に似合いそうなセーター 赤羽根めぐみ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪掻く
  2. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  3. 【新年の季語】繭玉
  4. 【冬の季語】時雨
  5. 【冬の季語】室の花
  6. 【冬の季語】年惜む
  7. 【冬の季語】冬の蝶
  8. 【冬の季語】梅早し

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  2. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ
  3. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  4. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  6. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  7. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  8. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  9. 【秋の季語】秋草
  10. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】凍る
  2. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  4. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  5. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  6. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  8. 【冬の季語】白菜
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  10. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
PAGE TOP