冬の季語

【冬の季語】セーター

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】セーター

【ミニ解説】

毛糸」で編んだ(頭からかぶって着る)上着。「スヱタ」。


【セーター(上五)】
セーターに枯葉一片旅さむし 加藤楸邨
セーターの男タラップ駆け下り来 深見けん二
セーターの胸に百日目の赤子 宇多喜代子
セーターにもぐり出られぬかもしれぬ 池田澄子
セーターに猫の毛付けしまま帰す 西澤みず季
セーターの中の迷子やちひさな手 髙田正子
セーターの毛玉仕方のなき人よ 森賀まり
セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔
セーターに恋の話をしてをりぬ 篠塚雅世
セーターの女の形して残る 橋本直
セーターの胸にトナカイ行進す 金子敦
セーターを一人は脱げり美術室  太田うさぎ
セーターにゴシック体やМの赤 豊田・ヌー
セーターのブローチの馬歩き出す 谷さやん
セーターに松葉が刺さる帰らねば  大塚凱
セーターを掴む拳や乳を飲む 今泉礼奈
セーターを脱げば眼鏡の引つ掛かる  小野あらた

【セーター(中七)】
妻知らぬセーターを着て町歩く 本井英
生きのびてセーターやはり黒選ぶ 渋川京子
校則で着るやうなセーターを着て 田口武
とつくりセーター白き成人映画かな 近恵
首筋の終はりセーター卵色  田口茉於
群青世界セーターを頭の抜くるまで 相子智恵
編みかけセーターじゃがいものスープ 神野紗希

【セーター(下五)】
受付の花瓶に似合いそうなセーター 赤羽根めぐみ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  2. 【冬の季語】鬼やらう
  3. 【春の季語】朧月
  4. 【冬の季語】今朝の冬
  5. 【春の季語】ヒヤシンス
  6. 【秋の季語】梨
  7. 【冬の季語】雪野
  8. 【夏の季語】香水

おすすめ記事

  1. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  2. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  3. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
  4. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  7. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  8. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  9. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  10. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】

Pickup記事

  1. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  2. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  4. 【新年の季語】なまはげ
  5. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  7. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  8. 【冬の季語】毛糸編む
  9. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  10. 【秋の季語】秋気
PAGE TOP