冬の季語

【冬の季語】冬蝶

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬蝶

冬の蝶」を季語として短く言い習わしたもの。


【冬蝶(上五)】
冬蝶を股間に物を思へる人 永田耕衣

【冬蝶(中七)】

【冬蝶(下五)】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】マフラー
  2. 【冬の季語】追儺
  3. 【夏の季語】夏蝶
  4. 【夏の季語】茅の輪
  5. 【春の季語】薄氷
  6. 【夏の季語】夕立
  7. 【冬の季語】枯蓮
  8. 【春の季語】杉の花

おすすめ記事

  1. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  2. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  3. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  5. 死因の一位が老衰になる夕暮れにイチローが打つきれいな当たり 斉藤斎藤
  6. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  8. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  9. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  10. 【夏の季語】冷房

Pickup記事

  1. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  2. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  3. 【春の季語】立春
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  5. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  6. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  7. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  8. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  9. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  10. 【冬の季語】枯木
PAGE TOP