冬の季語

【冬の季語】冬の蝶

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬の蝶

冬季に見られる「」。「冬蝶」とつづめていうこともある。

小春」の日などに見られるその姿には、温かさもあるが、気温の低い時期に見られる蝶は、息絶え絶えに見える。後者には「凍蝶」という季語も当てられる。


【冬の蝶(上五)】
冬の蝶のぼる真昼の日蝕へ 有馬朗人
冬の蝶吹かるる翅を立て通す 西嶋あさ子
冬の蝶近江は日向うす青く 小林千史

【冬の蝶(中七)】

【冬の蝶(下五)】
北上の空へ必死の冬の蝶 阿部みどり女
日を伝ひ風を伝ひて冬の蝶 舘野豊
水舐めて直ぐにはたたず冬の蝶 松川洋酔
いくたびも重たき影を冬の蝶 秋尾敏
地底より太き鉄柱冬の蝶 高田正子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】松茸
  2. 【春の季語】朧
  3. 【冬の季語】おでん
  4. 【新年の季語】松の内
  5. 【冬の季語】冬日
  6. 【春の季語】チューリップ
  7. 【春の季語】春塵
  8. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】白菜
  2. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  4. 【冬の季語】豆撒
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  6. 【冬の季語】豆撒く
  7. 【冬の季語】小春
  8. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  10. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋の蛇
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  3. 【新年の季語】人の日
  4. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  5. 【春の季語】月朧
  6. 【冬の季語】立冬
  7. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  8. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  9. 【冬の季語】早梅
  10. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
PAGE TOP