冬の季語

【冬の季語】冬の蝶

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬の蝶

冬季に見られる「」。「冬蝶」とつづめていうこともある。

小春」の日などに見られるその姿には、温かさもあるが、気温の低い時期に見られる蝶は、息絶え絶えに見える。後者には「凍蝶」という季語も当てられる。


【冬の蝶(上五)】
冬の蝶のぼる真昼の日蝕へ 有馬朗人
冬の蝶吹かるる翅を立て通す 西嶋あさ子
冬の蝶近江は日向うす青く 小林千史

【冬の蝶(中七)】

【冬の蝶(下五)】
北上の空へ必死の冬の蝶 阿部みどり女
日を伝ひ風を伝ひて冬の蝶 舘野豊
水舐めて直ぐにはたたず冬の蝶 松川洋酔
いくたびも重たき影を冬の蝶 秋尾敏
地底より太き鉄柱冬の蝶 高田正子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】余寒
  2. 【冬の季語】凩(木枯)
  3. 【冬の季語】春近し
  4. 【新年の季語】人の日
  5. 【冬の季語】師走
  6. 【春の季語】桜蘂降る
  7. 【冬の季語】枯蓮
  8. 【冬の季語】十一月

おすすめ記事

  1. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  2. 【冬の季語】セーター
  3. 【春の季語】春雪
  4. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  9. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  10. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  3. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  4. 【春の季語】雁帰る
  5. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  6. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  7. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  8. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  9. 【冬の季語】寒
  10. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
PAGE TOP