季語・歳時記

【春の季語】桜

【春の季語=晩春(4月)】桜

春の深まりを感じさせる落葉高木で、日本の国花に指定されている。

自生種・園芸種を含めて数百種類あるが、はらはらと散りゆくソメイヨシノがその代表とされる。

朝の桜は「朝桜」、夕方の桜は「夕桜」、夜の桜は「夜桜」と時間それぞれに趣がある。

その年に見える最初の桜を「初桜」、または「初花」という。

なお、平安時代からの慣習で俳句でも「」といえば、基本的には、桜のことを指す。

花が散り終わると、こんどは蘂が降るので、これを「桜蘂降る」という季語で呼び習わす。

葉桜」は夏の季語。


【桜(上五)】
さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄
桜咲く母校ならねどなつかしく 小川軽舟
桜さよなら狛犬は空を見て 近恵

【桜(中七)】
毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房
かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子
いちめんの桜のなかを杖が来る 鴇田智哉
眠し眠し桜となつてゆくからだ 渡辺鮎太

【桜(下五)】
さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉
一本といふ華やぎにある桜 稲畑汀子
手をつけて海のつめたき桜かな 岸本尚毅
しばらくは湯の匂ひなる桜かな 照井翠
雑木冷えて高うなりたる桜かな 依光陽子
エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ
まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子

【自由律】
無伴奏にして満開の桜だ  岡田幸生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蟇
  2. 【冬の季語】冬帽子
  3. 【冬の季語】冬籠
  4. 【春の季語】四月馬鹿
  5. 【春の季語】夜桜
  6. 【冬の季語】年惜む
  7. 【冬の季語】凩(木枯)
  8. 【冬の季語】落葉

おすすめ記事

  1. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  2. 【冬の季語】梅早し
  3. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  4. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  5. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  6. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  7. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  8. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  10. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  3. 【春の季語】芹
  4. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  5. 【冬の季語】咳
  6. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  8. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  9. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  10. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
PAGE TOP