冬の季語

【冬の季語】炬燵

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】炬燵

床や畳床などに置いた枠の中に熱源を入れ、外側を布団等で覆う暖房器具。

古くは点火した木炭や豆炭、練炭を容器に入れて用いていたが、現在は電気こたつが多い。

脚を曲げて腰を掛けることができるよう床を切り下げているものは「掘炬燵」という。

炬燵の机を裏返すと、緑色のマットが出現した時代もあった。

立春」をすぎても出ている炬燵のことを「春炬燵」と呼び分ける。


【炬燵(上五)】
炬燵出て歩いて行けば嵐山 波多野爽波
炬燵真赤やひろげてぢごくがきやまひ  金原まさ子

【炬燵(中七)】
草の戸やこたつの中も風の行 炭太祇
僅かなる炬燵の天へ雲還らず 林田紀音夫
いつもこの炬燵にありて微笑める 岸本尚毅
桂馬失せ炬燵の下に見つからず 斉藤志歩

【炬燵(下五)】
こいこいの声おそろしき炬燵かな 斉藤志歩
精子より卵子大きい炬燵かな  村越敦

【その他の季語と】
餅花の高々とある炬燵かな 高浜虚子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】白魚
  2. 【冬の季語】南天の実
  3. 【冬の季語】火事
  4. 【夏の季語】夏の月
  5. 【夏の季語】蓮
  6. 【春の季語】蛇穴を出づ
  7. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  8. 【春の季語】石鹸玉

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  2. 【春の季語】恋猫
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  4. 【冬の季語】熊
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  6. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  8. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  9. 【冬の季語】寒木
  10. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久

Pickup記事

  1. 【春の季語】春分の日
  2. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  3. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  5. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  6. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】
  7. 【冬の季語】雪野
  8. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  9. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  10. 【夏の季語】扇風機
PAGE TOP