冬の季語

【冬の季語】炬燵

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】炬燵

床や畳床などに置いた枠の中に熱源を入れ、外側を布団等で覆う暖房器具。

古くは点火した木炭や豆炭、練炭を容器に入れて用いていたが、現在は電気こたつが多い。

脚を曲げて腰を掛けることができるよう床を切り下げているものは「掘炬燵」という。

炬燵の机を裏返すと、緑色のマットが出現した時代もあった。

立春」をすぎても出ている炬燵のことを「春炬燵」と呼び分ける。


【炬燵(上五)】
炬燵出て歩いて行けば嵐山 波多野爽波
炬燵真赤やひろげてぢごくがきやまひ  金原まさ子

【炬燵(中七)】
草の戸やこたつの中も風の行 炭太祇
僅かなる炬燵の天へ雲還らず 林田紀音夫
いつもこの炬燵にありて微笑める 岸本尚毅
桂馬失せ炬燵の下に見つからず 斉藤志歩

【炬燵(下五)】
こいこいの声おそろしき炬燵かな 斉藤志歩
精子より卵子大きい炬燵かな  村越敦

【その他の季語と】
餅花の高々とある炬燵かな 高浜虚子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  2. 【冬の季語】冬日和
  3. 【春の季語】春分の日
  4. 【春の季語】雛祭
  5. 【新年の季語】獅子舞
  6. 【春の季語】浅蜊
  7. 【冬の季語】鮟鱇
  8. 【夏の季語】干梅

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】緑蔭
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  3. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  4. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  5. 【春の季語】流氷
  6. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  7. 【冬の季語】節分
  8. 残る色明日にたゝみて花蓮 佐藤冨士男【季語=花蓮(夏)】
  9. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  3. 【冬の季語】冬の月
  4. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  5. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  6. 【夏の季語】泉
  7. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  8. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  9. 【冬の季語】雪降る
  10. 【夏の季語】夏座敷
PAGE TOP