季語・歳時記

【春の季語】朝桜

【春の季語=晩春(4月)】朝桜

朝の「」のこと。

日中の華やぎや、闇夜に映える美しさとは違って、静けさのなかに確かな春の一日のはじまりが感じられる。


【朝桜(上五)】
朝桜みどり児に言ふさやうなら 中村草田男
朝桜杜氏は子待つ山へ去る 飴山實
朝ざくら家族の数の卵割り 片山由美子

【朝桜(中七)】

【朝桜(下五)】
癒ゆる身はかりそめのもの朝桜 齋藤玄
うすうすと天に毒あり朝桜 宗田安正
トロットの馬上の少女朝桜 久保田哲子
稿書くと文字逃げゆく朝桜 寺田京子
人にまだ触れざる風や朝桜 星野高士
めりめりとラヂオは鳴つて朝桜 冬野虹
ワイシヤツに手を通しつつ朝桜 岸本尚毅


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】涅槃図
  2. 【冬の季語】冬木の芽
  3. 【冬の季語】凍蝶
  4. 【新年の季語】初厨
  5. 【春の季語】永き日
  6. 【冬の季語】今朝の冬
  7. 【春の季語】惜春
  8. 【春の季語】鳥の恋

おすすめ記事

  1. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  3. 【春の季語】流氷
  4. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  5. 【春の季語】春一番
  6. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  7. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  8. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  9. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  10. 【春の季語】白椿

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  2. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  3. 【夏の季語】バナナ
  4. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  7. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  8. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  9. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  10. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
PAGE TOP