季語・歳時記

【春の季語】朝桜

【春の季語=晩春(4月)】朝桜

朝の「」のこと。

日中の華やぎや、闇夜に映える美しさとは違って、静けさのなかに確かな春の一日のはじまりが感じられる。


【朝桜(上五)】
朝桜みどり児に言ふさやうなら 中村草田男
朝桜杜氏は子待つ山へ去る 飴山實
朝ざくら家族の数の卵割り 片山由美子

【朝桜(中七)】

【朝桜(下五)】
癒ゆる身はかりそめのもの朝桜 齋藤玄
うすうすと天に毒あり朝桜 宗田安正
トロットの馬上の少女朝桜 久保田哲子
稿書くと文字逃げゆく朝桜 寺田京子
人にまだ触れざる風や朝桜 星野高士
めりめりとラヂオは鳴つて朝桜 冬野虹
ワイシヤツに手を通しつつ朝桜 岸本尚毅


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】門の松
  2. 【夏の季語】月涼し
  3. 【冬の季語】冬眠
  4. 【春の季語】うららか
  5. 【春の季語】巣箱
  6. 【春の季語】シクラメン
  7. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  8. 【春の季語】春雷

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】葉桜
  2. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  3. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  5. 膝枕ちと汗ばみし残暑かな 桂米朝【季語=残暑(秋)】
  6. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  7. 宵山の装ひ解かず抱かれけり 角川春樹【季語=宵山(夏)】
  8. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  10. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

Pickup記事

  1. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  6. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  7. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  8. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  9. 【夏の季語】六月
  10. 【秋の季語】朝顔
PAGE TOP