冬の季語

【冬の季語】鯨

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鯨

広範囲で回遊する鯨は、一般的に冬のあいだ、暖かな低緯度の海域で繁殖し、夏に向けて餌が豊富な高緯度の海域に移動するとされている。そのため冬の時期には脂肪を多く蓄えた「鯨」を食べることができ、冬が旬とされる。「勇魚(いさな)」ともいう。

現実社会では、1982年のIWC(国際捕鯨委員会)会議で商業捕鯨モラトリアムが採択されてから、日本(水産庁)は調査のためとして「捕鯨」を死守してきたが、折り合いがつかないために、2018年にIWCを脱退、31年ぶりに商業捕鯨を再開した。世界的に見ると反対論も多い。

このような文脈において、俳句だから、季語だからと、「伝統」へと単純に回収しかねない言葉として「鯨」を使うことには、それなりの注意が必要になりつつあるのかもしれない。

その一方で、メルヴィルの『白鯨』を例として、鯨は文化的な想像力を育んできた動物の一種でもあり、ある種のロマンティシズムを掻き立てるという面も否めない。


【鯨(上五)】
鯨よる浜とよ人もたゞならず  尾崎紅葉
鯨来よ補陀落想う夜気にこそ 渡辺誠一郎
鯨の頭潮噴く穴や深々と 小澤實
鯨みな戦争のこと知つてをり 仲寒蟬
鯨ほどの愛を受け止めてゐるか 矢野玲奈

【鯨(中七)】
京に入りて市の鯨を見たりけり 泉鏡花
ことごとく老いて鯨の煮ゆる昼 攝津幸彦
いつの生か鯨でありし寂しかりし 正木ゆう子
人恋ひし鯨のうたを聴きにきて 西宮舞
我が船の水脈を鯨が乱しけり ドゥーグル・J・リンズィー
あなたの眼ゆふべは鯨に似てゐたのに 杉山久子
潜りゆく鯨最終電車めく 神野紗希
わが産みし鯨と思ふまで青む 小川楓子

【鯨(下五)】
よき人の夢の中ゆく鯨かな 長谷川櫂
潮吹いて星と交信する鯨 鷲巣正徳
さみだるる沖にさびしき鯨かな 仙田洋子
気絶して千年氷る鯨かな 冨田拓也
誰の子と思いて我を見る鯨 杉浦圭佑
最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  3. 【冬の季語】雪兎
  4. 【夏の季語】夏の蝶
  5. 【冬の季語】冬日
  6. 【春の季語】紙風船
  7. 【夏の季語】出梅
  8. 【新年の季語】田遊

おすすめ記事

  1. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  3. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  4. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  5. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  6. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  7. 【秋の季語】秋分
  8. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  10. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】

Pickup記事

  1. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  2. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  4. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  5. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  7. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  8. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  10. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
PAGE TOP