季語・歳時記

【春の季語】春分の日

【春の季語=仲春(3月)】春分の日

日本の国民の祝日のひとつ。天文観測による「春分」が起こる日が選定され休日とされる。

ふつうは、3月20日から3月21日ごろのいずれかである。

この日は、1948年の法改正までは「春季皇霊祭」であった。


【春分の日(上五)】
春分の日なり雨なり草の上 林翔

【春分の日(中七)】
雨寒し春分の日を暮れてまで 篠田悌二郎
永すぎる春分の日の昼も夜も 江國滋
黒い牛歩く春分の日が真上 有馬朗人

【春分の日(下五)】




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】宝船
  2. 【春の季語】素魚
  3. 【秋の季語】秋の蝶
  4. 【夏の季語】梅雨に入る
  5. 【冬の季語】雪掻く
  6. 【冬の季語】咳く
  7. 【夏の季語】入梅
  8. 【冬の季語】咳

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】春七種(春七草)
  2. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  4. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  5. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  6. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  7. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  8. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  9. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  10. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘

Pickup記事

  1. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【中編】
  2. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  3. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  4. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  5. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  6. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  7. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  8. 【春の季語】涅槃絵図
  9. 【夏の季語】涼しさ
  10. 【新年の季語】宝船
PAGE TOP